東京タラレバ娘(6)

2018/07/12 07:14
IMG_20180605_094856.jpg
理想ばかりで現実が進まない倫子さん、セカンド女に甘んじているかおりさん、不倫の小雪さん、この巻ではそれぞれに動きがあるのでドラマ的に目が離せない。

特にかおりさん。
このときのKEYくんの一喝に私は心打たれたね。
感動とか感心とか怒られたとかそういうことではなくて。KEYくんが言ったからこそ。
これは「結局男にはかなわない」とか「イケメンに怒られたい」とかそういうことではなくてだね、
全くの第三者の異性から言われないとハッとできないことがある。
女同士だとだめなんですよ。傷をなめあったり、逆に反発しあったり。
当事者の男だとまさしくもって何いってんだと。
完全に客観視できる人だからこそ、そして今までずっとタラレバ娘の心をえぐり続けてきたKEY君だからこそのもの。
あぁ、私も叱られたい…
自分で気づかない限り誰にも叱ってもらえないというのはある種の八方塞がりだよね。

かおりさんの
「あたし楽になったもん」
がすべてを表していると思う。
楽しくなくちゃ恋愛している意味がない。
苦しかったり虚しかったりなんて、やってておもしろくないじゃん!


からの、『タラレBar』な。
東村先生の
「本当はアイドルとかタレントになりたかった病」
的確すぎるお言葉。
いる!こういうかわいい系女いる!
そしてほんとどうでもいい男と普通の結婚する!
てゆーか友人の男に手出すやつ、そもそも友達じゃねぇからww
女の敵は女というのは名言。
るもえブログはまだ続く。



鬼灯の冷徹 第二期第2クール

2018/07/11 06:46
年をまたいでの2クール
ありがとうございましたぁ!

これでかなりがががっと進んだのでは。キャラもわんさか増えまして。

動画も作画も素晴らしくて何回見ても飽きない(多分これからも見る)
唐瓜ちゃん茄子ちゃんの出番がちょっと少なかったのはさびしいけど~そのかわり新キャラ&ゲストがたくさん!

2期1クールに続き、ゲストだからと強気にすごい配役しちゃう問題
野沢雅子さんや千葉繁さんになんつー役をwww
レジェンドだぞレジェンド!

EDの『地獄でホットケーキ』が、すみぺの歌はまぁ大概トリッキーなので気にもとめなかったが、これはつまり”ホット(熱い)刑期”=灼熱系の地獄ということですかね?


最後の最後、締め方が1期のリスペクトを感じたしキレイにまとまってて好きだったなぁ。3期もあったら是非きてほしいけど。


誰か、聖地巡礼を。
行ってきた人はいるんでしょうけどね。なにせ帰ってきた人がいないから。
るもえブログはまだ続く。



ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

2018/07/10 06:39
タイトル長ぇ。覚えるのに時間かかったわwま、ガンゲイル、GGOですね。
SAOはどこまで手を広げるのか。

アクションや演出はつい夢中になってしまうというのは伝統ですが
やっとガチでかわいがれるヒロインきたー
アスナさんはね、パーフェクトガールすぎて全然愛着わかないんすわ…

レンちゃんは全身ピンクなのに銃で男たちをガンガン蹴散らすちまっこ、
なのにリアルでは身長180cm超えの女の子というのがいい!
ボイスの方初めて知ったのですが芝居もいいし声もかわいいししかも歌うまいねぇ。びっくりです。


興津くん、再び世界一かっこいいロリコンになる
GATEのときはほんとガチでかっこいいロリコンだったけど、まぁ今回はイケメンなだけで中身はストーカーM男ですけどもねww
日笠さんの芝居が相変わらず怖すぎる。この人の女王系は迫力がありすぎる。
るもえブログはまだ続く。



7年目のセキララ結婚生活

2018/07/09 06:48
IMG_20180412_100301.jpg
「あたしンち」でお馴染みのけらえいこ先生のコミックエッセイ。あたしンちのアニメは何度も見たけど漫画自体は読むの初めて。

この漫画自体20年くらい前の漫画でw(作中にビデオデッキやフィルムカメラが出てくる)
よく知らないのですがこの漫画の前に新婚生活などを書いたコミックエッセイも数冊出ているようで。
コミックエッセイがこんなにも蔓延する前の時代なので、当時としては感覚は新しかったのでは。

時代は変わっても人間の本性なんてさほど変わりなく(笑)
結婚7年目の二人暮らし。「あたしばっかw」「おればっかw」が増えてくるとキツイなー…家族ってお互いに損得を数えてはいけない関係だと思うのよ…人は誰しもやってあげてるよりやってもらっていることのほうが多いのだから。
と、綺麗事ではすまされないのが結婚ってやつなのかなーww
「あんたら…ケチだね…」
という名言(心の声とでもいいましょうか)これは笑いつつも考えさせられたよ。

描いているのはけらえいこ先生でも、旦那さん目線の話が全体的に面白かった。けらえいこ先生のプライベートが分かるので。
それにしても「世話好き」という名の元に他人にあれこれいらんことをやってあげている気になっているのはいただけなかったなぁ。ほんとにけらえいこ先生がこんな感じの人なら、それはもうただただ昔ながらの”おばちゃん”だぁ。
るもえブログはまだ続く。



HUGっと!プリキュア&仮面ライダービルド

2018/07/08 10:49
キュアマシェリかわいすぎてこりゃもう事件レベル
PCの壁紙もスマホの待受もマシェリ&アムール(好きなのはマシェリだがペアでないと意味がない)
たとえOPの追加がぞんざいであっても。
(フレッシュ様のキュアパッションのとき以来の雑な追加…w)

今朝はみきしんのセリフがちょっと多めにあって嬉しい(先週は一言しかなかった)

中学生の男子たちもプリキュアの噂をするんだなー。
エールが「大人っぽくてかわいい」だと…!?

もうじき夏休みらしいです。それぞれ夢に向かって少しずつ進む中、いまいち予定のないはな…まぁね、中学生でがっつり夢が決まってる方が少ない。
雨宿りのための東屋で例の”大人の人”に会う。
はなの
「大人も夢を見るの?」
というセリフがめちゃめちゃ考え深い…。大人は全員夢を叶えたということか、それとも大人になったら夢など見ないということか…
夢…夢かぁ…確かに細々した夢(旅行に行きたいとか)なら結構あるけど人生計画的な夢はもうほぼ無いかもなぁ…

ダイガンさんが
「私なら5分で終わらせられる!」
と息巻いてて、おいおいそんなに言って大丈夫かい?会社はできませんでしたじゃすまないぞと思ってたら
5秒で後ろから同士に打たれる…
ひ、ひどい…
思わず癒やしにかけつけるアンジュにたいして「ありがとう…」と言った最期が辛かった…

後ろから刺したのがこれがまた渋いおじ様トラウムさん。
なんとボイスが!!土師孝也さんですよ!!!!すてきおじ様すてきボイス!敵ボイスに大盤振る舞いだっぜ!
そして例の”大人の人”がなんとクライアス社の社長ジョージ・クライアーだった…!知ってた。
私はこの人がクライアス社の社長だったことよりも、トラウムさんが
「遅いぞ社長」
と割と親しげというか、なんだったらこの人の方が実質は上?みたいな発言が気になった。
ちなみに本家様のHPに行くとクライアス社の会社概要と
採用情報が載っています(本当)
アルバイト募集中。
プリキュアを探索する簡単なお仕事(←死ぬ危険性あるだろ)
100%ブラック会社。


クリスタルがかけても変身したエール!(衣装の一部がかけているのではと心配してしまった…)
とどめの技にエールが
「マシェリ!アムール!」
と言ったのであぁこいつら頼みかいと(笑)トリニティコンサートよりツインラブギターの方が威力があるということですね。


ところでハリーが白いミライクリスタルを隠すように持ってるんですが。ずっと何かの過去を言いそびれている様子で…
その元気のない様子に唯一気づくほまれ。
こいつらナチュラルに二人っきりになってるんだよなぁ!こりゃこっそり付き合ってるパターンじゃないのか!?
ちなみに9時25分でのヤフー急上昇検索ワード第2位に
ハリほま
IMG_20180708_093709.jpg
みんな思うところは一緒だな。

1~3位までプリキュア独占。
てゆーかハグたんカラータイマーって(笑)皆さんうまいこと言いますね(あいつ3分後に終わるの!?)
るもえブログはまだ続く。



ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件/宮部みゆき

2018/07/07 06:47
IMG_20180630_094545.jpg
久しぶりにガッツリしたものが読みたいなと思って(「ラーメンみたいに言うやん」)宮部の対策に挑みました。ガッツリ系の所望にぎっちり答えてくれる安定感と実力!

一人の男の子の転落死をきっかけに色々な人の陰謀がうずまく。
まだ第一部なのでほんとに色んな人が登場した段階ではありますが、それでも!人によって立場が、年齢が、環境が違えば捉え方も違う。現実社会では当たり前のことだけど、ひとりの作家が一つの作品でこれだけ表現できるのかと、その洞察力と観察眼には舌を巻く(読みながら喋ったりはしてないが)

特に宮部作品のキャラクターで感じるのは、”この人がこう思っている”だけじゃなくその人のことを周囲の人間がどう思っていたかでも状態は変わる(これも現実世界では当然だけど作中で表現は非常に難しい範囲)
同じ事態でも他人に好かれてた人と嫌われてた人では周囲の印象はがらっとかわるからな。

メインになるJCが聡明な子なのでとにかく助かります。
事件が事件をよび更に揉め事も多数発生と嫌なことばかりつづくので。

まだ第一部。
事件は記されているように見えるけど肝心のことは実は巧妙に隠されている(卑怯に隠されているのではなくてベールに包まれてうっすら見える感じの)宮部作品ともね、付き合い長いですから。まだまだ仰天する事件が発生することは知っています。
早く第二部読まねば!こんなに重いのに読むのが楽しみとはさすがとしか言いようがない。
るもえブログはまだ続く。



あそびあそばせ(3)

2018/07/06 07:09
IMG_20180603_112043.jpg
アニメ化決定の
イカれた女子の日常での遊びを追求する漫画。
シュールとかギャグとかの枠からはズレてんだよなぁ…イカれてんだよ…ww

あー、でも華子さんがやってた
公共の場での誰もいない場所で変顔する遊び
これはちょっとやるね(笑)
エレベーターとかね(最近は制度の高い防犯カメラがあるので危険だが)
学校とか、普段は人がいっぱいいるところに急に一人になると特別感があってテンションあがりませんか?私もあそ研ですか?

逆にオリヴィアさんがやってた日常のあちこちでバクテリアを見つけるスマホゲームバクテリGOは絶対やりたくねーわww
こんなん見たら日常生活に支障きたすわ!恐ろしいゲームだよ!(でもどこかですでにそんなアプリありそう…)


アニメではどれほどトリッキーなことになるんでしょうか。これはもう怖いもの見たさです。
るもえブログはまだ続く。



食戟のソーマ参ノ皿

2018/07/05 07:10
まったくこの学園はどうなってるんだろうね(ジャンプ作品でありがち)
料理専門ということで勉強しないのは百歩譲っても
全員もうプロのレベルだって!
今更何を学ぼうというのか。

相変わらずの資金力で北海道を鉄道旅。
熊肉とか出たのは嬉しかったけど。

正直セントラルが異常すぎて十傑が全員まともに見えてきた(笑)
実際味方になってる人ちょこちょこいるしな。

見てるとお腹すく、と言いたいところだが、材料も調理法も凝りすぎてて庶民の私には味の想像がまったくつかず羨ましいとか思えないレベル。
むしろおはだけ見たい。


なんやらかんやら言いましたが4期も待っています。
ただ、えりな様のボイスが鬼門の役みたいになるのは忍びないので種田さんが帰ってきてからでも可。
るもえブログはまだ続く。



ほんまにオレはアホやろか/水木しげる

2018/07/04 07:30
IMG_20180625_214624.jpg
偶然出会ったこの本。
私実は水木先生の漫画読んだことないんですよ。鬼太郎はね、アニメで見てましたけどね、漫画自体は読んでない。ちょっと絵が怖くて…(妖怪ものだから当然なんだけど!)
でも水木先生の独特な個性には以前からとても興味があったので!このエッセイはうってつけでした。多分対象は児童(小学校高学年くらい)なんだと思います。全体的に読みやすく書いてありました。
先生の子供の頃から鬼太郎がヒットして生計を建てれるようになるまでのあたりを書いてあります。

まず大前提として戦争を体験されている方のお話というのはとても奥深いし考えさせられる。
その上で
やっぱりこの人は独特だ。
これは”この時代だから”とかいうのを飛び越えてこの人だからできたことだなぁということが多すぎる。人生の参考にはならない(笑)

左手を失った件は実にあっさり軽やかに書いて、ラバウルの現地民と触れ合ったり現地の美人が大変気に入って結婚したかったが15~16なのにもう旦那がいた件は長々と書いてある(笑)
鬼太郎がヒットした件は実にあっさり受け入れるが、そもそもペンネームがあだ名由来なのが納得言ってない件は2度も出てくる(笑)
こういう人だからあれだけの動乱の時代をあれだけの個性でもって生き抜いてきたんだろう。

理解はできないが興味深い。水木先生ってかわいいなぁと思える。
宝塚が好きだったというのも意外。
るもえブログはまだ続く。



ロメオがライバル(5)

2018/07/03 06:33
IMG_20180531_095432.jpg
これで最終巻!
やっとあきら君が変わろうとしてきた矢先だったし、正直この漫画は10巻くらい続くのだと思ってたので「えー!?」ですが…
ヒバナが休刊じゃしょうがねぇ!
(この巻末で知った…結構私にはヒットした作品多かったので残念…)

ここでついに寿里ちゃんの過去が明らかになるのですが、過去そのものは驚かないと言うかあの寿里ちゃんが形成されるわけだからこれくらいのことはあるだろうと思ってたけど、コップの水での表現方法が非常に切ない。
幼い寿里ちゃんがどれほど苦しんで、でも我慢していたかが切ないほど伝わる。
そしてロメオとの運命の出会い。
これはもうね、寿里ちゃんにはやっぱりロメオなのだと思った。あきら君ではなく。

だからこそここからどうやって二人の間に入っていくかを見たかったんだけどな。仕方ないな。

あきら君はあきら君で
「これでおわり…?」
からの空虚さが実によく出てて。
そしてどちらの自分が好きなのかも自分の中ですっかり答えが出てて。
そこからはもうイケメンだったね!
残念イケメンだけど、イケメンだったよ!髪型かっこいいぞ!


デビュー前から秀良子先生の一般紙での連載を熱望してた私にとって待望であり思い出深い作品になりました。大好きな馬がテーマというのも嬉しかった(ほんとに好きなのは乗馬ではなく競馬だが)
るもえブログはまだ続く。



<<Prev Home Next>>