ふうらい姉妹(4)

2017/07/15 07:04
FxCam_1494286354759.jpg
まさかの最終巻。手を出すのが遅かった。てゆーかこういう毒にも薬にもならない4コマ漫画ってだらだらとずっと続くもんなんじゃないの!?終わっちゃうの!?
しかもぬるっと終わるのかと思いきや
最終巻なのに色々と展開。

姉妹が引っ越しします(最終巻なのに)
全然普通でもちゃんとでもなかったけど、いっぱしに物件探して、引越し作業した。この姉妹にこんな社会的なことができるなんて。

そしてお洋服作りが特技だったれい子さん(※特技≠得意)にまさかの衣装製作の依頼が
一生懸命ミシンで縫い続けるれい子の頑張ってる姿が素敵だった。たとえ手が塞がっているから足でおにぎりを食べようとも。

最終巻らしくキャラクターが勢揃いして華やかだったし、本当の本当のラストは姉妹がほっこりしてて、綺麗なおわりを感じさせてもらえた。こんなトリッキーな漫画なのに。
次世代不条理ギャグとはこういうことだったんだろうなぁ。時代が早すぎてアニメ化とか全然たどり着かなかった感。
るもえブログはまだ続く。



働かないふたり(1)

2017/07/13 07:08
FxCam_1494052149022.jpg
こちらも突如くまこさんがおすすめしてきた作品。全く知らない漫画だったが実はもう10巻ほど刊行されているという隠れたヒットだった。

概要は
兄と妹が働かない話。
タイトルに偽りなし!
ふたりともずっとスェット。ずっと自宅。

妹がかわいくてなー。
妹だからかわいいというのもいなめないが、それにしても気弱なのにお兄ちゃんにはなついてて。でもコミュ障で知らない人とは話せなくてずっとおどおどしてて、ニートなことに負い目はもっててお母さんにちょくちょく怒られたりして、なんとなく働けてない理由が分かる。

兄が。ちょっと賢くて友達もいて過去リア充で口も達者でハイスペックな感じがギュンギュンするのになぜ働いてない。この人は働いてないのにはなにか理由があるのではないかと思っているが考えすぎだろうか。

兄妹がなんだか仲良くてきゃあきゃあしながらゲームしたりトークしたりする姿がなんだか微笑ましい。ニートなのに。
ここの親もなぜかこの状況に危機を感じていなくて、生活態度を叱ったりはするけど働くように追い立てたりはしない。ニートなのに。

私がお気に入りなのは兄の友達の丸山くん。意外にも妹ちゃんに興味を持っててくれて、妹ちゃんもコミュ障(?)だから全然話せないんだけどお互いおっかなびっくりしてる距離感がかわいらしい!恋人になってほしいなんて高望みはしない!妹ちゃんが普通に話せる他人になってほしい!
るもえブログはまだ続く。



町田くんの世界(3)

2017/07/11 07:07
FxCam_1494046379536.jpg
人に優しくしてもらいたかったら、
まず自分が人に優しくしないと。

すっごく当たり前だしすっごく簡単なことなのに、なんだかちっとも出来ていなくて。「最近他人にした優しいこと」と言われても全く思い浮かばないし(そもそも生涯でしたことがあるかも怪しくなってきたわ…)
この巻のサラリーマンの吉高さんの話、身につまされる人は多いのではないでしょうか。世の中は悪意だらけだとばかり言ってるけど、自分も他人に全く気を使えてない事実。
人は鏡”という言葉が町田くんを見てるとずしりときます。町田くんが人に愛されるのはそれ以上の愛をみんなに振りまいてるからなんだよな。

でもいつも人の世話ばかり焼いてる町田くんが、この巻でちょっとだけ体調を崩してクズのお母さんにちょっとだけ甘えるようなシーンがあって、それがとても微笑ましかった。町田くんだって甘えたいよね。

そんなほんわか日常の町田くんの世界に、ちょっとだけ何かが起きている様子なんだが!猪原さんが泣いて飛び出してっちゃって!まるで少女漫画!(※マーガレットコミックス)
るもえブログはまだ続く。



私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(11)

2017/07/06 07:08
FxCam_1493963652984.jpg
地獄の修学旅行が終わって、意外にも
クラスメイトとの関係性に変化が出てる…
何もしなかったのに、それでも一昼夜をともにするとなると心なしか団結力がつくのだろうか。思い当たるフシがなくもない。
完全ぼっちだったもこっちが、ぼっち昼食ではなくなったし、カーストが上の方の女子から勝手に化粧されたりなどいじりにあう(たとえいじりであっても低級カーストの人からすれば革命的)
もこっち自身も人に本をおすすめしたりして(相変わらず他人を見下して入るが)、本人は気付いてないが他者と関わったことに充実感を得ている。人は一人では生きられないというのは本当だよなー。

しかしもこっちがクラスメイトに関わったおかげで
気を使いすぎてガタガタになる人も。
毎度被害を食ううっちーちゃん。この子は完全に被害受けてるなー。自意識過剰のセクハラというのはこうやって完成するのかというのもあるが、うっちーももこっちも気を使いすぎてどんどんズレがでかくなってる…
10巻からの新キャラまこさんが本格参入。まこさんとゆりさんの過去になにがあったのかすげー気になるんだが…!!この子みたいに周りに流されてしまってなかなか自分を出せず、結局トラブルを起こすという子実は多い。女子はグループから外れるとやっていくの大変ですから…。
もねはだけど隠しオタなので私はあまり好きじゃない。夢も堂々と人に宣言できない時点で叶わないと思う。でもこの子だけが最初からもこっちに積極的に声かけててくれたいい子なんだよなー。


そんなことより
ゆうちゃんに大革命起きてるんだが。
もこっち(主人公)よりもこの子の方がリア充青春なので気になると言えば気になるが、だからといって詳しい描写はやっぱり見るといらつくんだろうな。私にはもこっちの青春がちょうどよい。
るもえブログはまだ続く。



小澤亜李 元気の出るラジオ!!【放送終了】

2017/07/05 07:12
初回から半年間ずっと聞き続けていて、大元であるプロジェクト758のことは全く知らないし、スポンサーの名古屋港水族館などは訪れることはできそうにないけれども、先週突然放送が終わってしまって寂しい。長縄まりあんぬが3度もゲストに着てくれたりしてかわゆいラジオだったなぁ。
ニコ動での映像配信は続くらしいけど、ラジオの手軽さが好きなのでそこまでは見ないの。ありちゃんごめんね。

それにしてもなにがびっくりって、私は小澤亜李ちゃんは「月刊少女野崎くん」のヒロイン役で初めて知って「がっこうぐらし」も今期の「ろくでなし魔術教師」も見てましたけど、ずっと声が高くてかわいい子だと思ってたけど、ラジオで聞いたら
意外とガラってる…!!
驚愕だった。
普段ガラッてるのにお芝居や歌はめっちゃかわいい声になるのよ!マジで!
私、自分の声が変で子供の頃からかわれたこともあったしコンプレックスで今でも電話がすごく苦手なんだけど、普段の声がかわいくなくてもお芝居や発声で可愛く出す方法があったんだと亜李ちゃんで気付かされた。コンプレックスがあることほどプロを目指すのもありだったのか。


亜李ちゃん目当てで聞き始めたが、生電話コーナー第一回にトネケンが登場、留守電コーナー最終回にみかこさん登場、最終回ではアイム新人歓迎会の費用をシモーヌが全額支払ったなど、アイムの団結力をガッツリ聞かされてほっこりした番組でした。
またいつかどこかで亜李ちゃんのラジオを聞けたらいいな。
るもえブログはまだ続く。



<<Prev Home Next>>