FC2ブログ

母娘 台湾ふたり旅

2018/10/15 06:33
IMG_20180929_143300.jpg
前にハワイに新婚旅行に行ったエッセイを読んだフカザワナオコさんの、台湾エッセイ。
時系列としてはこちらが先で、この時点で彼氏もなくおひとりさまぐらしをしている頃だった(こっちのエッセイのほうが有名)

親孝行に…と母親と二人で台湾旅。
一人旅に慣れすぎて
「誰かと旅をするってこんなに大変だったのか…!」
と難ありつつも
「相手の行動に救われることもあるんだな~」
と、母親だけでなく『おひとりさま』をこじらせた先生の心境の変化がよかった。

このお母さんがなんつーか、私のお母さんそっくりで(笑)心配性のくせに楽観的、ビビリのくせに異常な行動力。私は母と二人で国内旅行はしたことあるが海外はもちろんなくて、でもやったらズバリこんな感じになるなぁ~と思った(ちょっとお母さんの天然ぶりにイライラさせられたり、かと思えばお母さんのテンションに楽しさ引き上げられたり)

母と娘の旅ならではというか、エステやネイルサロンに行ったのがなんかいいなぁって思った。母が少女になっちゃう様子とかほほえましいね。


この本で知ったのは
ニワトリの足が夜市(屋台)で売っているということ…!
あぁ食べますよ、肌にいいと聞きゃアラサーですもの、このくらい躊躇なく食べます。
つかむしろ食べてみたい!



ところで、先日カタノトモコさんでも台湾旅(こちらは一人旅)のエッセイを読みましたが、

なぜ改めてこちらを買ったかというと、

読みたかったのももちろんありますが、

カタノトモコさんの方には私が一番知りたい情報が書いてななかった…


台湾のトイレ事情

実は台湾は下水がしっかりしていないので紙を流せない。
紙は別添えのバケツ等に捨てなければならない。

絶対に現地では必要なことなのにおしゃれなガイドブックでも省かれているこの情報!!

まあ…
おしゃれなガイドブックだとこの情報を載せた時点で尻込みする人がでるからなんでしょうが…(地球の歩き方には載ってるかもしれない。)
気持ちはわかります…


この先生もトイレのポリバケツをあけるのに勇気がいったという。
郷に入っては郷に従わなければ!!(と奮い立たす)

実はずっと前に行ったサイパンでもそうだったんだよね。
中は見ないようにしてさっと開けたきがする…(笑)



← 深夜!天才バカボン | Home | HUGっと!プリキュア&仮面ライダージオウ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home