FC2ブログ

マンガで分かる心療内科(8)

2018/06/25 06:45
IMG_20180520_215959.jpg
久々の心療内科。このテンションの高さは間を開けてから読みたくなる(笑)
今回特に勉強になったのは『自己愛性パーソナリティ障害』について。”ナルシスト”と言ったほうがピンとくる人が多いと思うけども。
これって病気だったのか…!
思い返せばこの症状にピッタリの人に数名会ったことがあるんだけど、そのときは「過去の自分が好きで今の自分が嫌いなんだなぁ」と思ったのだが、病気の人もいたんだなぁ。
”自分で自分に理想を持つ”というのは割と誰でもあると思うんだけど(例:あのくらいのレベルの恋人じゃないと。自分にはあの学校レベルには入れるはず)思ったようにうまくいかないから「あぁ自分はそれに見合った価値がなかったのだ」と学習していくもしくは理想とした場所じゃないところでも別な満足や幸せを掴んだりするものなのだけど、それを妥協できないというのは生きるのが辛いだろうなぁ。

それにしても過去いやし姉さんがあんなに清楚で可憐なJKだったとは。
人って年をとると変わりますね…(遠い目)



心理テストともまた違うが、
こないだ小野坂さんのラジオ聞いてたら『幽☆遊☆白書』のアニメ主題歌第一弾の『微笑みの爆弾』が話題で取り上げられてて、その歌詞の冒頭で
『街の人混み肩がぶつかってひとりぼっち
はてない草原 風がビュビュンとひとりぼっち
どっちだろう泣きたくなる場所は』
という歌詞の話題になって思い出したんだけど、

リアルタイムで見ていた当時(中学生)は「そりゃ後者でしょ!」と何の迷いもなく思ってたけど、おとなになった今だったら
圧倒的前者
と思う。
誰もいないなら仕方ないと割り切れる。
だけどこれだけたくさんの人がいても自分を認めてくれる人は一人もいない方が本物の孤独であると今は知っている。


昔は今考えていることが信念であり貫き通すものだと思っていたけれど、
変わる変わる。考えなんて一晩で変わる。
それはたぶん今も同じ。
変化を受け入れてこそ、今を生きるということなのかもしれないなぁ。



← 八日目の蝉/角田光代 | Home | HUGっと!プリキュア&仮面ライダービルド →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home