新世紀エヴァンゲリオン

2017/09/13 07:00
昨年から今年の始めにかけて何を思ったかNHKBSがエヴァ一挙再放送をしたじゃないですか。それをやっっっっと見終わりました。長かった…
思えば私は高校生の頃初回放送で、前半はかなり楽しく見ていたのだが後半ものすごく飽きてしまってほとんど記憶にないのでkの再放送は良い機会だと思って。

そして2017年の今
前半は楽しいが後半飽きた。
変わらなかったー!(笑)大ファンの方ごめんなさいね。私は嫌いじゃないが波長は合わんな。

後半は結構忘れてましたね、実際。渚カヲルって綾波レイの秘密より後に出てきたんだね。そっかーそうだったかー。


ただね、大人になった今見方が全く変わりました。特に女の子の見方が!
昔はやはり陰気なキャラクターが多い中で同世代のアスカの真っ直ぐさや可愛さ正直さ、懸命に努力する姿がすごく救いでしたが、大人になった今
ミサトさんの素敵さがすごく分かる!!
優しくて強くて、しっかりしてて儚くて、もろくて弱く、自立しているが頼りたい。
大人の女性の美しさをギュギュッと詰め合わせたそんな素晴らしい女性でした。ミサトさんより年上になったからこそ分かる魅力のような気もする。この1点だけでも見返した価値は大いにあった。


2017年の今見ても設定はやはり斬新だったなぁと思える。2015年はとっくにすぎてしまってこれほどの科学はまだないけれど…(でもサードインパクトもなく平和に過ごしています、今日のところは)
そして2回見ても納得できない最終回の学園設定…。



それにしても昔見たときに「これはもしかしたら…いやでも…うーん…」とモヤモヤしていたことが、今回改めてエヴァを見たことによってハッキリ思えた。

碇シンジ、に・が・て。

大人が作っているキャラクターなのだから自分より大人なはずだと思いこんで見ていたので悩んでしまったが、こいつマジでめんどくせぇな。
自分が自分がって自己愛ばっかり。
あのなぁ。
他人が他人を理解するなんて不可能だから。
他人に期待ばっかしたところで、みんな自分のことで手一杯。他人が余裕がありそうに見えるのは舐めてる証拠です。

まずはお互い100%理解できないということを踏まえた上で理解できないということを理解したり、せめて部分的に(趣味だったり仕事だったり思考だったり)をなんとなく共有できたりしたいものですね。


でもこれは私が今の年齢になったからやっと思えることでもありますね。
当時は年齢も近かったのでシンジくんを理解してあげたいという気持ちで見てたのです。
歴史は逆には学べない。



← 働かないふたり(5) | Home | あやめ14(1) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home