きみの家族

2017/09/11 06:55
FxCam_1500269284780.jpg
全く存じない初めて読む作家さん。この1冊で完結の作品。

タイトルで分かる通り家族がテーマです。
大きな幸せも突然の不幸も一切ない、日常の中で起きるどこのご家庭にもある小さなあれこれ。お雑煮の地方差のショックから始まって、お父さんが犬拾ってきちゃったりとか読んでてほっこりする。

途中お姉さん(長女)がお嫁に行っちゃうんだけどその時の描写が素晴らしい!
お姉さんがお相手の方のお家にご挨拶に行ったり結納があったりと結婚する予兆はずっとあるんだけど、肝心の式の当日の描写が
犬の一日
まーね。結婚式なんて新郎新婦には一生の日かもしれないが、それ意外の人にとっては基本的に普通の日だからね。犬もダラダラゴロゴロしますって。
ただお母さんの思わず開けっ放しの玄関にしてしまって
「もうこっちには帰ってこないのね」
のセリフにはしんみりした。

といってもそのお姉さんの結婚がメインではない。
二人で始まって、途中子供が増えたけど今はまた二人に戻ったというお父さんとお母さんの様子がいいなぁ。
こういう日常を噛み締めながら生きれたら、人生はもっともっといいものになるんだろうな。



クソ寒い。

特に明け方~朝が。
寒すぎて冬物出したわ

ひざ掛けもう使ってるわ。
湯たんぽはいつでも使えるようにスタンバってるわ。

クソ寒い。(二度目)



でもおでんを気がひけることなく食せる季節になりました!
うまあぁぁ~~~~♪


ちくわとこんにゃくが好き。



← あやめ14(1) | Home | キラキラ☆プリキュアアラモード&仮面ライダービルド →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home