群青にサイレン(1)

2017/08/04 07:03
FxCam_1495668679173.jpg
この漫画がマジでヤバイ2017!!!!

声優の大地葉さんがラジオで猛烈にオススメしてたのでパワーに押されて試し読みをしてみたのですが、
気付いたらもうコミック買ってる件。
マジですごい!

表紙で分かる通り野球です、野球。数々のスポーツ漫画・アニメにハマってきた私ですが、大回りしてMAJOR(アニメ)以来の野球です。
しかし読んでると、
「あれ…?野球でこんなに心折れるスポーツだっけ…???」
と思うほどしんどいofしんどい。そこがたまらなくいいんだな~~~!!
それをいちご100%を彷彿とさせる桃栗みかん先生の繊細な絵で表現するものだからキュンキュンくるわ!ゾンゾンくるわ‼


【あらすじ】
少年野球チームでピッチャーをいとこの空に取られて以来野球を辞めていた修二。
しかし高校で再会したとき、身長178cmの自分に対し空は157cmだった!
「今なら勝てる…?」そんな気持ちで空とともに再び野球部を訪れる…


身長差です身長差!おっへえぇぇ~~~~(よだれ)
そしてあらすじでも分かる通り
主人公の闇がすごい
スポーツ漫画の主人公ってこんなんだったかな!?と不安になるレベル。甲子園とかそんなレベルではない。これは自分自身との戦い!
読んでると胸がぎゅうぎゅう苦しくってさ…辛くってさ…野球やめたいのにやめれなくってさ…

今後覇権を取ること間違い無し!
最新刊5巻まで今年中に集めるぞ!!


実はマーガレットコミックスであるという点も驚愕。



私とスポーツ部活系漫画との歴史は長い。

最初はタッチでした。なのでスタートは野球です(まぁこの当時スポーツといえば野球かサッカーの二択)
タッチは原作も持ってますし、アニメもだいたい見た。

そこを皮切りに水泳だのバスケットだのフットサルだの色々手をだして、最近ではバレーボールだのラグビーだのにハスハスしておりますが

これだけ疑似体験してて
実体験はさっぱりしてこなかった
別に影響されなかったわけではないが、漫画だからできる、自分はできないと悟っていた。
FxCam_1494631621290.jpg

観戦も三次元では一切なし。やっぱりキャラクター一人ひとりをピックアップしてくれて、感情移入できるのはフィクションならでは!本人の中身あってのプレイですよ!三次元では選手の過去やプライベートは知りようがないからな。
これがやっぱり現実より漫画の方が好きな一番の理由だな!



← 帰ってきた腕貫探偵/西澤保彦 | Home | テラフォーマーズ(14) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home