ヨーコさんのちょっと早めの老い支度

2017/07/26 07:01
FxCam_1494998513011.jpg
マイブームのコミックエッセイですが、今までは自分とは違う人たちの話をじっくり聞きたくてあまり自分とは当てはまらないジャンルを好んで読んでいましたが、今回は自分にもあてはめて考えてみたくてこれを手に取りました。
タイトルずばり。アラフィフのヨーコさんと一緒にこれから必ず来る老いに向けて自分の暮らしを考えたくて。

アラフィフなので「今」の私にはちょっと早いかなと思うことが多かったですが、とはいえ遠い未来でもない。独身のヨーコさんのライフスタイルはかなりリアルに考えさせられます。
年老いた親との接し方も色々と思うところはありましたが、自分自身だって高いところの荷物が取れなくなるかもしれないから高いところには物を置かないようにする、自分でできないことは対価を払って頼むなど客観的に見れば当たり前でも自覚が薄いところもはっとさせられる。

こんなふうに書くと年を取って出来ないことが多くなるような感じに聞こえるけれど、実はそうじゃない。年を取って楽になることもあるということをきちんと漫画で表現してあったのは嬉しかった。
うちも両親がだんだん年をとってきて両親がいなくなる日について考えたりも時々するけれど、
「娘」の荷を下ろす
とはいい言葉だなぁと思った。孤独ではなく自由。(元々孤独と自由はセット販売だからな)両親とはなるべく楽しい時間を過ごしたいと思っているけれど、一人残されたときには私も一人海外旅行でもしよう!


できないことも多くなるけど、縛られることも少なくなる。それが年を取るということなのかもしれないな。
どんなときでも自分を好きでいられたらそれが最高。



「今」の私にはちょっと早いかなとか思いつつも、実は早くも影響されたことも結構あって!

ヨーコさんが「年をとっても高いところの荷物が取れるとも限らないから」とクローゼットを大幅に整理して作った
衣替えのいらないクローゼット

わ、私も欲しい…!!

ということで即実行。
といっても私のはクローゼットではなくタンスだし、北国では雪かき用のコートが3着は必要だから(※1日3回以上雪かきすることがあるから)完璧に衣替えのいらないクローゼットというわけにもいかなかったけれど、2つあった透明ケース(ホームセンターでよくあるやつ)を処分に処分を重ねて1つにすることに成功!!
FxCam_1493336350429.jpg
てゆーか、ファッションに特にこだわりもセンスもない人間がなんでいままで2つもあったのかが疑問だわ。私のような人間など服はこれで十分!

こうして死蔵が減っただけでも随分気持ちが明るくスッキリして、ごちゃ付いた納戸ですら爽やかな印象に。
これからはこれ以上は持たないように気をつけよう。
この方が流行遅れの服を持たずにすむし。


次はポイントカードの整理かな…(笑)



← 危険なビーナス/東野圭吾 | Home | 上坂すみれのヤバイ○○ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home