亜人ちゃんは語りたい

2017/06/16 07:09
やっと見終わった(笑)以前からタイトルは有名だったのでアニメで見れて嬉しかったぁ。
しかも
日常系アニメなのにこの映像クオリティ!
日常系でも美しい映像となめらかな動きがあるとやっぱり見入ってしまう。やはりあると嬉しいものだ。

ドラキュラとかデュラハンとか雪女が出ると聞いてたのでよくある人間の世界で妖怪が暮らしてるパターンかと思ったら、それともまたちょっと違う。
亜人として生まれてしまった子が特殊な体質として生きていく上での生体や利便や不都合をリアルに紐解いていくという世界感が、特殊でありつつも優しい。
本人たちも不便なことはあるけれど生まれつきのことなのでそれは認めた上で基本的にはみんなと変わらずにすごしているというスタンス、これはいろんなことに置き換えて考える事ができると思うのですよ。ほんわかしているように見えても色々と問題提起ができる作品だと思う。

まーそんな堅い話はともかく、JKな亜人ちゃんたちも可愛いけども、今回は
教師である佐藤先生がめちゃめちゃかわいかった!
高橋先生が硬派系というのもあって、ハーレムされてても何も起きないのは承知だが(女子高生と教師だしな)、教師と教師は違う!
また佐藤先生が内気なキャラクターに似合わずサキュバスの亜人であるというズレも胸キュンで!この二人の大人な恋愛の香が大興奮したわぁ~~~♪日笠陽子は素晴らしい!

登場人物がみんな優しくて。亜人ちゃんたちのことをちゃんと考えてくれて、その一方で特別扱いということではなくて個性のひとつとして捉えてくれている様子がとてもよかった。ラストもいいまとまり方だったな~~。
全編をとうして本当に語り通した!タイトルに偽りなし!



前髪切りすぎちゃった…

ついうっかり…
FxCam_1492824606449.jpg
女子高生だったら学校休んでるレベル。

おでこちゃんなのです。



ところが、この切りすぎ前髪が微妙に評判良くて。なんだったら普段よりよくて。
こうなるとどっちが正しいのかわからん。

服とかもそうだけど、見るのは他人だから、自分が着たいものを着るのが正しいのか他人が見たときに納得してもらえるものを着るのが正しいのか判断がつけれない。
FxCam_1493336457056.jpg
人生だったら自分の責任だから他人がどう言おうと自分の楽な方を選べるので、意外と選択はしやすいんだがなぁ。



← テラフォーマーズ(13) | Home | ちおちゃんの通学路(6) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home