クズの本懐

2017/05/26 07:03
はーやっとまとめ見終わった…辛かった…
原作が話題になってたのでかなり前から興味はあって、アニメ化ということで嬉しかったし楽しみだったんだけど
ここまでエグい内容だったとは。

そしてエロい。
これをノイタミナで放送した勇気。

エロかったら私が喜びそうなものなんだけど、キャラクターが全員病んでるんだよ。だからエロシーンもちっとも興奮しない、どころか「えぇー…ww」の連続だった。エロは楽しくてなんぼ!楽しんでなんぼです!

片思いが切ないというのは恋の醍醐味だと思うんだけど、恋をするって基本的には人間にとってすごくハッピーなことなはずなのに、こんなに嫌な思いばっかりの恋ってしてる意味あるのかよ。
花火に言ってやりたい!好きな人の恋愛対象になりたいならば、会話したりなんやらかんやらでアピールするよりも、とりあえず「好きなので考えておいてください」て言ったほうが確実に恋愛対象になる!どんなにアピールしても対象外は対象外だ。一応本人も途中で自覚してたけど、それにしても。

恋というきれいなものを自分の手で汚していくばかり。芯があるようで信念がないやつばかりなので、私は全編通して
茜さんが好きです。
大好きと言ってもいい。
社会の倫理に外れていても自分がしたいことをちゃんとやっている行動力が素晴らしい。
あざとクソビッチが豊崎さんボイスってのがもう…最強だろ‼こんな奴が存在したら私も男盗られる側だなー…
つか結局男はこういうのが好きなんだな!と全編通して思った。私も好きだけど。

こんなに混戦しててちゃんと着地点あるのかよと本当に心配してたんだけど、ラスト3話ですげー展開になって、びっくりするくらい綺麗に納得させられて終わった。茜さんと鐘井先生の今後が若干心配ではあるが。
麦が幸せになったら絶対許さんと思ってたのでそういう意味でも完璧なラストでした。


それにしても
アニメで胸焼けしたのはこれが初めてだ。
続きが気になるタイプだったのでまとめ見したのは正解でもあったけど、心が淀んで1日3話くらいが限界だった…。
映像が完璧だっただけについ引き込まれて見てしまうので、要注意。



この作品のキャラクターには言いたいことがまだまだあるので、ネタバレ含めて続きます。


とにかく見てる間何が嫌って
麦のヤリチンぶりが大嫌い
初回から随分余裕があるので「ん?こいつ非童貞か?」と思ってはいたが、中学生の頃からがっつりヤリチン。
高校生なのに何の感慨もなくラブホに出入り。
もー何なのこのイケメン!ほんとにクズ何だけど!やれそうな女にはきっちり全員手だすから、こいつの片思いがやれそうなのにやれない女が好きなだけ風に感じてどんどん薄っぺらくなる。まーある意味リアルな男って感じはしますけども。
なのでエロシーンの描写はすごく綺麗だったんだけどエグさの方が強くて全然興奮できない
FxCam_1476776933120.jpg
ずっと引いてた。
麦が嫌いすぎて、勢いづいて島崎信長もちょっと嫌いになる(笑)関係ないことは頭ではわかってるし、それだけ芝居がすごかったという意味合いももちろん含んでるんですが、なんかもうトラウマレベルで。スクールデイズの平川大輔さんと一緒だね(笑)

最初は鐘井先生ももちろん嫌いで。あー結局こういうのが好きなのね-って。
でもラスト前に急激にぶっこんでいた包容力にめろめろになる
FxCam_1490066639693.jpg
しかも野島(健)ボイスが切なさが増す。


女子チームですが、私がいかにも好きになりそうなもかちゃんとえっちゃんですが、今回はどちらもピンと来なかった。
もかはここのメンツでは数少ない純情乙女ですが、そもそも麦を好きな理由が外見。これがいただけない。中身のヤリチンぶりを気付いてて気付かないふりをしている。なんだかな…。あと「もか」って通名を使ってますが、本名の「のり子」も十分かわいい名前だよ。理想ばっかり他人に押し付けてる感がきになった。でもラストの様子はたぶん一番素晴らしい。

えっちゃんは、弱みにつけ込むのはまぁ恋愛の性質上いいんだけど、えっちゃんの優しさが花火をどんどん追い込んでいっているのでひどいなって思った。本当に好きなら待っててあげてほしかった…
とりあえず1回いとこと付き機会っちゃえば?やっぱり生理的に嫌なら別れれば?


アニメも漫画もたいてい「ラストはみんな幸せになって欲しい」と思いながら見てるんだけど久々にこの作品は
こいつらが幸せになったら許さん
と思いながら見てた。
そういうのも含めて見てるのが辛かったよ…人の不幸を祈るのは無駄カロリーを無駄消費しますからね。



← ゴールデンカムイ(10) | Home | 木曜日のフルット →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home