銀と金

2017/05/19 07:02
福本漫画だけど、これはこないなまでやってた深夜ドラマの方。原作読んでなかったのでドラマで見れて嬉しかったぁ。

しかも、福本漫画がかなり実写化されてるけど、この作品が一番できが良かったと思う。ギャンブルの緊張感であおるだけじゃなく、作品全体の空気が淀んでてアンダーグラウンドの世界感を実によく再現できてた。実際にはこうやって大金かけてギャンブルする連中の心と空気は濁ってるはずだから。その分めっちゃ怖いんだけども(笑)「ざわ…ざわ…」をSEにする天才演出。
主演が池松壮亮さん(セトウツミ見たからこの人はわかるぞ!)の主演ってのもまた雰囲気が出て怖かったよ~。そこに追い打ちをかける主題歌amazarashi。しかもまた神曲。世界感独特な人ばかりが集まって構成するので本当に引き込まれて、ギャンブルのシーンは呼吸も忘れる。

ギャンブルはもちろんオリジナルで、札束の橋もイカサマポーカーも面白かったし、大金巻き上げてスッキリしたなー。
最終局面が麻雀なのも嬉しかった。

独特ギャンブルでムカつく野郎をこてんぱんにするのは福本漫画のいつものパターンだけど、この作品は追い詰め方が柔らかいくもエグいというか。
最後のオリジナル麻雀では普段の福本漫画だったら黙ってチーしてたと思うんだよね。そこを敵方の心理に委ね、そして相手側からするとグレーに終わらせるという…私だったら勝っても緊張感で死ぬなー。

2期ありそうな終わりだったのでまたやってほしいなぁと思います。



春ですよ!

春といったら
漫画飯の季節!

今日はくーねるまるた5巻より新たまねぎの炊きこみご飯を作ってみます。な?春ならではのメニューでしょ?
FxCam_1494481293187.jpg

まずは新たまねぎ(岩手では4月末~5月上旬に出る)をスライスして30分以上空気にさらします。空気にさらすという作業は初めてだ。
P5118127.jpg
分量がわからなかったので今回は新たまねぎ1個に対してご飯2号です。

炊飯器、我が家はごはんは土鍋で炊くので(母の謎のこだわり…)土鍋にお米と水、その上に新たまねぎ。
P5118128.jpg
そこにコンソメ少々とバターひとかけを入れて普通に炊く。

・・・

炊けたー!
P5118129.jpg
ごはんon玉ねぎなので白of白で眩しいっ

ごはんによそったら粗挽き黒胡椒をかけていただきます!
P5118132.jpg
ほかほかごはんに新たまねぎが甘い!マルタさん同様ぱくぱく食べれちゃうよぉ~~(二膳食べた)
コンソメの味もちょうどいいけど、最後にかけた黒胡椒が効いてる!

新たまねぎは水分が多いので気持ちお米水を減らしたんだけど、それでもいつもより柔らかめに炊けた。硬いご飯がお好みの方は水をかなり少なめに!



← 磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~(11) | Home | 翔んで埼玉 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home