龍の歯医者

2017/04/29 07:04
鳴り物入りでNHKで前後編放送されたわけですが
こいつぁすげぇ
鳴り物入りも納得だ。


設定と映像の素晴らしさは圧巻であった。

普通物語というのは1から始まって10で終わる、最初に説明があったりしてから結論に向かうのだが、この龍の歯医者は3から始まって7で終わる。龍がなぜ存在するのか、どういった立場なのか詳細な説明はないし、クライマックスはあれど全ての結末が出るわけではない。
第二弾を見越しているのか…!?
それでもいいけど。
その途中感がそんなに嫌じゃないのも不思議。どこかしらジブリテイストを感じる。

映像は本当い素晴らしかったなー!不自然なところが一個もなかったもの。
虫歯菌それぞれにCG担当がついてたほどになめらかなCG。そしてえぐい描写。一部相当気持ちが悪かった…

そしてなんといっても龍のデザインが斬新。
どんな頭の構造したらこんな龍が考えつくだよ!尻尾が長すぎ!手に持った柄杓は大事そうにしてたけど何に使うのか?あの龍が動いている映像を見るだけでも十分価値がある。

それにしても戦争って虚しいですね。どちらも加害者なのが手の施しようがない…。



岩手でも桜が咲きまして。
なぜこうも日本人は桜が好きなのか。自分でも説明できないのですが。

数日前ですが盛岡の桜の名所の一つ高松の池公園に行ってきました。
『とりぱん』でいうところのT松の池、
『彼女とカメラと彼女の季節』ではあかりと凛太郎がキスをした聖地です。(百合漫画なのに男とちゅーするとか…思い出しても震える)

私が行った時はまだ8部咲くらいだったけども。
04241_201704242140017e5.jpg

でもとても天気が良かったので散歩が気持ちよかったです。
04242_201704242140022c6.jpg

岩手山もよく見えました。
04243_20170424214004d7b.jpg

桜よりも駐車場がちょっと整備されてたことに地味に驚いてた。それでも満車で。みんなも桜見に来るの好きだねぇ~~。
それにしても桜にピントを合わせるのはむずかしいね。

結局一番高性能なファインダーは眼球か。



← キラキラ☆プリキュアアラモード&仮面ライダーエグゼイド | Home | 咲日和(4) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home