ホテルローヤル

2017/04/12 07:03
FxCam_1491013536933.jpg
何気に手に取っただけだったので直木賞受賞作と帯で知る。そういやこんなタイトルのもあったな。

7本の短いヒューマンドラマが入っているのですが、その全てがラブホテル「ローヤル」に関係するもの。舞台とは言い難い。なぜなら
ホテルローヤルはすでに潰れいてるから。
この設定にはちょっとびっくりした。すでに廃墟になったラブホテルで一体どうやって話を展開するのか?と思ってたんだけど、なるほど作家先生は色々と考えつくものですね。
唯一『せんせぇ』という作品だけが明確にホテルローヤルと記されていないのだけれど、話の流れから行くとこの2人は当然…

『本日開店』とか『星をみていた』もかなり好きですが、一番最後に収録されてる『ギフト』これがすごい!
それまでは「面白くないこともないけど直木賞とるほどかなぁ?」と思ってたんだけど、この最後の一本で「なるほどこれは取るわ!」という意見に手のひら買えさせてもらった。これだけもう一度読み返そう。

娘がバカな男に入れ込んでしまったら、父親はもうどうしようもできないですよね。無理に別れさせようとしたらますます2人をドラマチックな錯覚に溺れさせるだけで。
「いつからこんな芝居じみた女になったんだろうって情けなくて泣きたくなった。
幸せにするなんて無責任な言葉どこで覚えたの。
幸せなんて過去形で語ってなんぼじゃないの」(一部)
というセリフには人の家庭のことなのにズシンと来たなぁ。

文章自体は密度も読み応えも低いのでかなり読みやすいけれど、設定はかなり興味深いものが多かった。
「いい作品だ!」とはまた違うニュアンスで面白い作品だった。



世間では「積み本」とか「積み読本」なんて言いますが、私は皆さんお察しかと思いますが漫画でも小説でもいいからとにかく常に何かを読んでいたい人間でして、なので積んでるどころか「読む本がない!足りない!」という事件の方にちょくちょく直面します。基本積んでる暇がない。

ところが、ここんとこなんやかんやで漫画や小説を買う機会が続きまして(絶対文庫化できないと思ってた分厚い小説が文庫化できてたり、溜まってた本屋のポイントを期間内に消費したり、見知らぬ漫画とであったり)で久々に読むほうが追いつかず渋滞が置きまして。
全て未読
FxCam_1491276642634.jpg
いやー積んだ積んだ、久々に積んだ。
こんなに積んだこともそうそうないね。ははは、圧巻。

本を読み終わってもまだ次が控えてるというのは読書家にとって2番目の幸せ。
FxCam_1487721602545.jpg

1番目はもちろん面白い本と出会えたときです。



← SUPER LOVERS2 | Home | セイレン →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home