3月のライオン

2017/03/30 07:08
原作の事前人気がすごかったのでアニメで見るのたのしみにしていました。事前情報としては将棋と三姉妹しかしらなかったので
ここまで病んでるとは思わなかったが。
主人公の生い立ちを考えると、これは仕方ないかなーとは思うのですが、鬱系特有の「なんでも一人でやって立派なふり(中学卒業してすぐに一人暮らし)」「相手が望んでない気遣い(生活費以外は全て親元に)」「なんでも一人で考える(三姉妹を頼れない)」などがあってあ~ぁと思った(笑)一人で黙々と悩むのって別に偉くもかっこよくもないし、社会は一人では形成されないのだから結局全く結論が出ないものだからさ。
でも正直シャフトってのはこういう闇アニメのほうが似合いますよね。幸腹グラフティよりもずっと演出が効果てきめんだった(笑)シャフドもより一層不気味さを醸し出すので、アニメ見ながらゾッと寒けしたことが何度あったことか。

そういう闇のかなで
三姉妹の可愛さには零ちゃんだけでなく視聴者も救われた。
ひなちゃんの純粋さや素直さもいいけど、あかりさんの包容力好きだなぁ。この人に愛情に余裕があるから零ちゃんが少し分けてもらえた気がする。本当にいい意味で。(しかも癒やしのかやまろボイス)

ただ、
本命ヒロインは香子ちゃんですけどね!
血の繋がらない姉ってだけでもほわあぁーってなるのに、この子のヤンツンぶりときたら!
私病んでるキャラって本来全く好きじゃないんだけど、この子は病んでる理由が切実だし、愛情をもらっても受け止めれないかわいそうな心とか、零ちゃんへの憎しみとか、父親へのあてつけとか、そのくせ零ちゃんを頼ってたびたび深夜の密会をするあたりがもう!せつなかわいい!(しかも大変珍しい井上マリーナのお姉さんボイス!)
やべぇ、ちょうときめいて仕方ない。


将棋のシーンがとても迫力会ってよかったし、ヒューマンドラマもボリュームがあって毎週真剣に見ました。
最終回は未来への希望と過去の闇が入り混じっててなんとも言えない気持ちになったんだけど
10月からの2期おめでとー
まぁこのペースで行くとどこにも着地しないなと島田さんに負けたときから思ってました(笑)すっごく楽しみ!4月からはEテレで再放送してくれるということでそれ見ながら待ちます♪



いやーそれにしても
劇中のにゃん将棋、
分かりやすかったなぁ!

実際に絵本にして売り出したらいい(すでに出てたらすまん)
FxCam_1486976761528.jpg

つーても私、実は将棋はルールは知ってるんです。

だからといって将棋ができるわけではない。
それが将棋。

最初の1手目からすでに作戦が始まってるとか、私には分からん。無理だわ。
考えすぎてどころか考えれなすぎて頭割れるしケツ毛が燃える。
FxCam_1489044821141.jpg

その点麻雀は最初の手札は運なので、そこからどれだけマシに持っていけるかが勝負になるので限界が決まってる中でのあれこれというのはまだ考えようがある。
人生と一緒だね。



← ダンジョン飯(4) | Home | テラフォーマーズ(9) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home