白銀妃(1)

2017/03/08 07:08
FxCam_1485934755572.jpg
『はくぎんひ』と読みます。最近ふと出会ったこの漫画なんだけど
いいっ すごくいいっ!
面白いとかよく出来てるとかとは別のベクトルの…なんというか…癒される。

銀髪の天然美女リリーニャが後宮のハーレムに入るところから話は始まります。ハーレムというと大奥のような女の愛憎の坩堝のようなものを想像するんだけど…
この漫画のキャラクターはなんだかかわいい!
そりゃ後宮のハーレムなんだから美女揃いではあるんだけど、そういうことじゃなくて、主人公含めキャラクターが全員愛らしいのよ。ほんとに。私が女の子贔屓なのを抜きにしても。
意地悪キャラで登場したマルテナでさえ巻き込まれ型ドジっ子にシフトしてかわいいの。

ハーレムですからもちろん国王がいるんだけど、不思議なもんで
国王様もかわいい。
18歳のクールな国王だが、賢いだけじゃなくてリリーニャのギャップに甘えるところがあったり、すごく勤勉で真面目で好感が持てる。もはや髪型がロップイヤーの猫耳に見える。

からの、
百合投下。
ふふふ、これがとどめ。
ハーレムが別のハーレムに。
結構ばんばん乳首は出るし。
この作家さん女性だと思うんだけど、女性の作家では本当に珍しくとても重量感のあるおっぱいを描かれる!
男の作家はいるんだけどねー。女性作家はどうしても形とか大きさが自然であったりする人が多いんだけど(それはそれで嫌いじゃないが)これだけどっしりとしたおっぱいを描けるというのは素晴らしい。虜。


キャッキャウフフしてるだけではなくてそれなりにストーリーも進むので、結構いいとこで終わってるから続きが読みたいんだけど、こちら2014年に初版発行で、その後どうも作家さんがご病気のため休載しているらしい…。
早く読みたい!自分の欲望のために作家さんのご回復を切に願う。



若造の憧れ、ハーレム…

私も昔はハーレムに憧れたもんだ。

生まれ変わったら下野紘の声で喋る美少年になって美女たち(特に血縁関係のある美少女)に囲まれて暮らしたいと強く思ってた。(下野紘の声で喋る美少年だったらわざわざハーレム作らんでも勝手にモテるだろ)(←そりゃもう下野紘本人だっつーの)


しかし私も大人になるにしたがってその夢を追うのを辞めた(ここ2年くらい)

ハーレム作ってたくさんの美女にちやほやされてもおそらく心は満たされない。桃色遊戯の達人でない限りたくさんの人の心というのは負担になるということが今はよく分かる。
FxCam_1485820578920.jpg


生まれ変わったらマクロスの主人公になる夢に変えます。

FxCam_1484099434647.jpg
やっぱね!特定の2人の美女にマジで惚れられて真剣に取り合いされるのが重さがしっかりくるね!!
特にアイドルと軍人だったらベストだね!!



← テラフォーマーズ(8) | Home | スーツアクター探偵の事件簿/大倉崇裕 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home