ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

2017/02/28 07:08
好きな割には毎度見るのが遅くなりまして。てゆーかこういう試合物はためこんでまとめて見たほうがより面白くないですか?正味な話。
それにしても今回全10話とちょっと短めとはいえそもそも3期、5クール目ですよ!ありがたいことですね、ありがたいことです、ありがとう。
今回はサブタイどおりきっちり白鳥沢との対戦、1話から10話まで体育館にいたなー(笑)

作画崩壊もなく、動画ぬるぬる。
しかも見せ場はスローモーションで劇画調にする演出がたまらなくぞわぞわする。
ツッキーが覚醒して、しかもチームの中心となって指示を出す場面が多々あって本当にかっこよかった。それと個人的に山口くんの活躍というのはどの場面でも胸を打つ。

日向はもちろん常にかわいさMAX。村瀬君のお芝居の、「わっ」「ぎゃっ」といちょっとした感嘆符ついちゃいそうな叫び声が妙にリアルでたまらない。そういうシーンだけすでに何度も繰り返してみてる(笑)影山くんの「場所変われ!」とかね。あとツッキーにハイタッチしようとしてさけられて急停車できずに画面から走り去るシーンは神。

烏野が好きなのはもちろんなんだけど、白鳥沢の面々も本当に個性的で。特にやはり牛若の存在感というのは圧倒的で。烏野びいきの私ですら「あぁ、白鳥沢に勝って欲しい…」とちらっと思ったりする場面が何度もあった。
本当に最後の最後までどちらが勝つかわからずに、最後の日向の速攻が弾き返されてからのシーンは呼吸も忘れるほど真剣に見てた。

ハイキューは意外と「勝ったー!」「負けたー!」のシーンをわざとらしくやりすぎないところが好感持てます。
ずっと思ってたんだよ、スポ根漫画で勝ったチームが大喜びするのって、負けたチームに対してすごく残酷だなって。
もちろん勝ったチームの喜びと、負けたチームの悔しさはきちんと描かれていてそれぞれに色々考えさせられるんですが、そこだけで終わらないっていうのがね、いいですね。烏野3年生の涙、私も泣きそうでした。

そしてそれからの、あのラスト。
「えっ…」って私も日向と同じ表情になりましたよ。
確かに今までのことを考えれば当然といえば当然の結果だけど、だけどまさか今こんなこと言われるなんて…
あのセリフで終わった今シーズンの勇気(笑)
4期はいつだ!?


ちなみにベスト・オブ名場面は菅原さんの手を握った潔子さんと、それをとりまいてわちゃわちゃした烏野メンバー(笑)
潔子さんの姫ポジションが無敵過ぎるぜ!



エミリア作り、アンダーワンピースに入ります。
てゆーか今更だけどなんだよこの服…。ほんとどういう構造だ。(まぁコスプレ衣装なんてこんなことばっかりだが)

上着と同じくサテン生地で作ることにしてみた。
まずは下記のように裁断。
02141_201702141906496b8.jpg
こうやって切ると直線のまま作るよりも完成した時が圧倒的に美しい。
使うのは真ん中の広いところと、すその細い部分です。

細い部分の端を波形にカットして、それに合わせてお馴染み手作りバイヤスを貼っていきます(間違ってロックを掛けちゃった痕跡あり)
02142_20170214190650415.jpg
波型ってのはバイヤス以外でキレイに出す方法を私は知らない。

仕上がりはゆったりした波型が出ます。
02143_20170214190652c01.jpg
まぁこういうこだわり再現って
圧倒的に分かってもらえないんだけど。

この裾をロックを掛けた真ん中布の裾と合体させます。
02144.jpg
同じものを二枚作ります。


ほんと、自作レイヤーは意外とこだわって再現しているのに実際現場や写真では全く見えない分からない伝わらないことが多数。
でもやるよ。それが趣味ってもんだから。



← 相棒season15 | Home | 87CLOCKERS(2) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home