ゴールデンカムイ(9)

2016/12/30 07:22
FxCam_1481102920239.jpg
もう9巻か!出るペース早すぎ。
そしてついに白石が表紙。そういやこの人ほぼスターティングメンバーなのに表紙になってなかったな…チ○ポ先生でさえ表紙になったのにwww(チ○ポ先生ってのはアシリパさんがチ○ポ先生って言い始めたから習ったのであって別にチ○ポ先生と私個人が言いたいわけではないのですよ。チ○ポ先生という正式表記なのですよチ○ポ先生は。)
最近巻頭にキャラ紹介があるので助かります。本当に複雑になってたんで。江渡貝君が遺影なのが残念。

この巻にてついに白石の過去が判明
脱獄王になったひとつの恋の話。

聞かなきゃよかった。

それはそうと「恋の話」と聞くと杉元が結構食いつくのがね、かわいい。とても人のおでこを包丁でかっさばく人とは思えない。

杉元のアシリパさん愛が炸裂
めっちゃ血が飛び散ってるのに心はときめいた~~~~~!!!
直前までアイヌの人のことをかばっていたのに、この豹変ぶりがたまらなくかっこいい!アシリパさんの本質をよく理解している。これが愛だ!


チ○ポ先生VS熊
すごかったです。この人はもう対戦相手が人外なんだな…
転げ落ちる熊がちょっとかわいかった。



このゴールデンカムイでは無口な尾形さんがやっているが、
「……」
という表現方法。
他の漫画でも普通に使われるし、つか漫画界ではかなり昔からあったけど、これって改めて考えるとすごい表現方法だよな。
文字一個も書いてないのにいろんな言葉を汲み取れる。
黙って考えているシーンとはまた一味違う、言いよどんでいるような、言葉を抑えているような、でも言わないときと比べると相当雄弁であったりして。
FxCam_1479780614624.jpg
日本の漫画のオノマトペ表現が多いのも誇るべきだが、これもかなり素晴らしい特徴だと思うんだけど、問題はこれを表す言葉がない。もどかしい。
まさに
「……」
状態。



← ディズニーシークリスマス・ウィッシュを堪能する。 | Home | 15周年の東京ディズニー・シーに行ってきたぁ☆ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home