万能鑑定士Qの事件簿(2)

2016/11/24 07:04
FxCam_1478482879897.jpg
1巻の終わりから凛子さんの過去の話になったんだけど…ビビるわー…
ミステリアス系美少女がバカってそこそこショックだね。
イケメン教師が出てきたのでこの人が盛大に関係するのかと思ったらそうでもなく、凛子さんが普通に勉強して賢くなっただけだったという…
この教師死ぬのかなとか凛子さんにとてつもない不幸とか騙されたりとかするのかなとかすげー考えてた私はなんだww
松岡圭祐先生の小説、こゆとこあるよ!
やはり松岡先生は本質的な作家じゃないからセオリーから大きく逸脱しまくった方向性になるな。あんまりかわいそうすぎる過去じゃなくてほっとしたけども!

新しい事件これは本当にヤバイ!
実際起きたらと思うとマジでゾットする。たかだか紙切れで国家は簡単に転落するのだなぁ…
解決の仕方が全然わからないので、一人で旅立った凛子さんよりも一人残されちゃった主人公のほうが心配です。今のところ凛子さんの後ろをくっついているだけだけど、松岡先生の小説はラストに主人公が活躍することが多いので期待を…期待をしております…!



鑑定士が必要な骨董のことは全く分からないが(ヴィンテージの意味も分からん)、
骨董より普通に古本が好き。

ワゴンにごばっと文庫本が入ってたりすると何か素敵なものがあるのではとワクワクで覗く(実際これで欲しかった本が手に入ることがある)

作家さんにお金がはいらないと困るので新刊ももちろん買いますが、古本屋は本の最後の砦だと思っている。
ここで救済しなければこの本たちは今後誰にも読まれない&いよいよ処分行きとなると思うと切なすぎる。
うちの子になりな!
FxCam_1465607826290.jpg
それに新刊の本屋さんではありえない出会いもある。

私が唐突に10年前の本とか読んでたりするのはこういう流通です。



← ミッキーマウスの憂鬱/松岡圭祐 | Home | 相棒season15 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home