91Days

2016/11/07 07:08
いやーやっと見終わった。1クールなのにめちゃめちゃ長く感じた。
キャラクター多すぎ裏でのつながり複雑すぎ。マフィアだからガンガン殺しすぎ。鏑木ひろ監督の作品の振り幅でかすぎない?

前評判で「ジョーカー・ゲーム好きだった人はこれもいける」とか言われてたけど、面白くないわけじゃないけどジョーカー・ゲームには一枚落ちる。救いがなさすぎるもの…
復讐のためにマフィアの懐に入り込むというスタンスはすごくかっこよかったんだけど、あまりにもかわいそうで…
特にコルテオ。この子にはアヴィリオ以上に救いがあっても良かった。あんまりな運命じゃないか。
復讐殺人も、それでアヴィリオの気持ちが満足するなら私は良いと思っていた。でもどんどん自体は悪くなるし目つきはどんどん暗くなる…

どんなに話が深刻であってもそれは受け入れれる。
でも最後のはちょっとの救いが欲しいんだよ…
アヴィリオとネロが二人で折り合いをつけようとするのであればそれはそれで納得はしないけど満足はできたのに。


つか何よりも
作画・動画間に合ってねぇ~~ww
中盤なんかほとんど「顔どした?」と思ってたし、動画ガッツリ紙芝居回あったぜ。最終回のラスト15分のちょこっとは最高によかったんだけど、ラストの海の映像も2016年のアニメとは思えなかった。朱夏さんのアニメってこういうスケジュールあるよな(デュラララとか)



このアニメでやたらパイナップルの缶詰が登場するのって、この時代にパイナップルの缶詰が発明されて大流行したからなんですってね。ネット民に解説していただきました。大変分かりやすい。


我が家では最近
グリーントマトフライが大流行。
FxCam_1475372849077.jpg
ハワイではグリーントマトフライはだいぶ前から人気でしたが、別に我が家がシャレオツぶっているわけではありません。
夏のトマトの名残り。

庭のトマトも10月になると熟す力がなくなって、青いまま本人もにっちもさっちもいかなくなるものなのです。それを青いまま収穫してフライにしたら
うまい。
グリーントマトの漬物も作ったんだけど、フライが一番酸っぱさが薄れて上手い。(赤いトマトよりも酸っぱいので)
トマトを余すところなく食べれるし。
FxCam_1475976533244.jpg
夏の終わりの風物詩として定番化されそう。

味噌汁にも投入された。
これ、のんのんびよりでもやってた!
(のんのんは赤いトマトだったけど…)
酸っぱいけど悪くない。



← パラダイスレジデンスZERO | Home | プリキュアの無い日曜日なんで →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home