我が家の問題/奥田英朗

2016/10/25 07:04
FxCam_1476656154301.jpg
短編集。私は長編小説が好きで短編は嫌厭しがちなんですが、奥田先生だし、と信用して読みました。
信用してよかった。
とてもいい作品です。6編入ってますがどれもちゃんと面白かった!奥田先生のキャラクターは人格に芯があるのですが、短編でも手を抜くことなくしっかりしているので、短編なのにひとつひとつにしっかり読み応えがあるという素晴らしさ。ヘボい作家だったらこの設定とキャラクターだけで1作品つくってるところを、短編に惜しげもなく使う才能が素晴らしい。

特に気になったいくつかの感想を。
『ハズバンド』
これはこの作品の中では多分一番シリアス。短編なのでそれほど重く書いてるわけではないんだけど、解釈の仕方は色々ある気がする。この夫婦がこれから良好な関係になるのか、しかし結局別れてしまうのか可能性は五分五分な気がする。

 『夫とUFO』
人生にはいろんなことがあるといえど、例えば貧困とか浮気とか協力や話し合いで乗り切れることは想定していても夫が「UFOを見るんだ。毎日遭遇してる」と真面目に言ってくるということは普通想定しない。どうしますか?どうしよう。
私はワクワクと不安になりながらこの奥さんはどう受け止めどう解決するのかと思ってたんだけど、なんだか微笑ましい方向にいったのでホッとしました。

『妻とマラソン』
この話大好き!!単に夫婦の話ということではなくて、奥さんの気持ちや取り巻く環境というものに非常に興味深さと理解を持てたし、終始一貫素敵な話だった。この話を長編でもっと長くもっといろんな側面を読みたい!
ただ、主役が小説家(しかもN木賞受賞作家)ということで奥田先生のプライベートでは?と勘ぐらずにはいられない(笑)

やっぱり奥田先生は信用できるな。
信じて救われたという世にも珍しいパターン。



目の腫れがぶり返す。
またしても朝起きたらプロボクサーの顔面に。
FxCam_1475804175745.jpg
結局手持ちの薬が切れちゃったんで、諦めて病院に行きました(最初から行け)


やっぱりアレルギー(花粉症)だってよ。
FxCam_1475219376739.jpg
予想通りすぎて力が抜けた。
アレルギーなのでもちろん原因も対処もないそうです。でしょうね!

花粉症の弊害多すぎだろ。

診察と薬代で3千円もかかった…
このお金があればディズニーランドで新作のポップコーンバスケットが買えたのに…ぐぬぬ。



← 相棒15 | Home | はんだくん →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

アレルギーはなぁ・・・

飛んでる粉体は全部鼻に来るから困るよわたしゃ。



レス*imanoさん

花粉症の弊害多すぎてビビるw目が腫れたなんて私は自分以外に身の回りにいないよ~;

鼻にくるのも辛い…
自転車乗るとき大変だぁ(>m<)



Trackback

Trackback URL:
 Home