魔法つかいプリキュア!&仮面ライダーゴースト最終回

2016/09/25 10:30
朝寒くて布団から出るのがしんどい気持ちが日々でかくなってきています。
キュアップ・ラパパされたくらいに大量のトンボが飛んでる。

なんかレインボーキャリッジが出てきてからこの頃、プリキュアというものが身近なお悩み解決団になりつつあるな。
本日のお悩みはまゆみちゃんの初恋。いーねいーね!JCというえばやっぱ恋だよね!(金なくて時間がある学生にとっては手っ取り早い娯楽なのだ)
しかもお相手がめっちゃイケメン!ビビるくらいイケメン。それなのにプリキュア3人娘は
イケメンとすれ違っても何も感じず。
この子達にはまだ恋愛は早いようですな…
まゆみちゃんがツラだけに惚れてたら嫌だなぁと思ってたんですがちゃんと優しくされていた!
イケメンは中身もイケメンだった!しかもボイスもイケボだった!しかもランズベリー・アーサーボイスだったので中の人もイケメンだった!イケメン4コンボ(ランズベリー・アーサーがアニメで喋ってるの初めて聞いたわ…この人ブリドカットセーラ恵美ちゃんの次くらいに名前だけ売れてる気がするよ…)

「こんなときは占いよ!」
と言って、それは占いの正しい使い道って気はするけど、
校長室から勝手に推奨を盗み出すリコ
こいつこんなに大胆な悪い子だったっけ?そして魔法界ってそんなちょくちょく行って帰ってこれるものではなかった気がするが。
しかも結局は
「自分の力で 勇気を出して」
というやる気ないラジオパーソナリティみたいなまとめ方。何のための窃盗罪。

急遽仲間に加わった勝木さんが他人事なのに妙にやる気なのが気になっていたのだが、自分が魔法使いを信じていたいから人の気持ちも信じたいという結構ちゃんとしたスタンスだった。未来とリコの迂闊行動で勝木さんがどんどん電波扱いされていくのが気の毒でならない…

はーちゃんが明らかに恋がわかっていないのは予想通り、リコが奥手なのも分かってたが、未来が恋愛を漫画で勉強して語ってたオタク脳だったのにはビビった。
しかも読んでいたのは「どんと恋」タイトルだけだどどう聞いてもシュールギャグ漫画だけども。

ラブレターを書くことにしたまゆみちゃん。中学生には妥当な作戦だ(だが最近の中学生はラインで告白がオサレで、呼び出して告白ってのはダセーと聞きましたが…)
ラブレター渡す直前に定番の彼女が出てきたらやだなぁと思ったりしてたんですが、もっと根本的に「友達と一緒にいるから嫌だ」だった。そこを
魔法で鳩をけしかけて男子グループを散らす。
鬼畜。

鳩におっかけられて「うわー」ってなってビビってるときに女の子に告白されても普通「え、あ、はぁ…さっき鳩に襲われてさぁ!」って…ならんか?と心配していたのだが、まゆみちゃん、ちゃんと好きですって言ったー!二人きりになったタイミングで彼女とか出てきたら嫌だなぁと思ってたけどちゃんと言った!ラブレター書いてきたのにまず言葉で言ったのが偉すぎる!
かーらーのー
彼女登場
やっぱりかい!
さすがイケメン。中学生の頃から入れ食いでございます。イケメンに優しくされたからって惚れるな。奴らは女性免疫がめっちゃ高いから誰にでも優しくするだけだ、気をつけろ。

当のまゆみちゃんではなく勝木さんがわぁわぁ泣いたのがほんと胸キュンで。
そしてプリキュア初代からの伝統「名前で呼んでいい?」回がプリキュアじゃない二人で行われるなんて!!

↑にときめきすぎて後のプリキュアの戦いわりとどうでもよかった。
本人たちも変身シーンはしょってたし。
本日のお衣装ルビー
どうして速水奨さんは変身していないプリキュアの居場所がいつも分かるの?

変身シーンははしょってもレインボーキャリッジははしょらないのでありました。

3人娘がいなくなって、魔法でいちごメロンパンとどけちゃったら、3人娘はただ先に帰っちゃった友だちがいの無いやつってことになりませんか?失恋記念に5人で仲良く食べるんだと思ってた…。
ま、失恋を癒やしてくれるのは甘いものと新しい恋、この2つですな!

ここで急に新しい敵が追加!しかも美少年!杉山紀彰さんボイス!(結構長いこと”すぎやまきしょう”さんだと思ってた…のりあきさんでした)
今日イケメンぶっこみ多すぎて疲れた。
まだ朝9時なのに…

あと先週のモフルンフライング映像なんだったんだよ!映画のネタなのか!?ビビらせやがって!


ハートキャッチプリキュア様のBlu-rayがついに発売されましたね!プリキュア5様よりも後の発売だったのはやはりハトプリ様ならみんないつまでも待ってるでしょ!ていう制作サイドの自信の現れだったのか。まぁ現時点でハトプリの出来が最高峰だと私も思っているが。



仮面ライダー伝統の、新ライダーへの引き継ぎ回だったのだが、ヒゲイケメンがすっかり寺に馴染んでるのには地味に驚いた。そういうの本編でもやっていただかないとー。萌えポイントなのにー。
かのんちゃんと誠にいちゃんとアラン様だけがおれたた。

新ライダーすげぇビジュアルだよな。斬新。こういう斬新なものが結局子供には大人気になったりするんだよな。
戦ってる姿がかなりゲームっぽくて楽しかった。期待しています。

ただもう早々に新おもちゃのCMコンボにはさすがにビビりました。そんなもんなんでしょうけど…



← ヒナまつり(9) | Home | SHOW BY ROCK!!しょ~と →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

「仮面ライダーゴースト」は坊主の役者さんが素晴らしかったですね
変身しなくてもキャラ立ってたし、ガシャポンながらもフィギュアにまでなったんですから
昭和の変身ヒーローたちにも変身せずとも芸達者な脇役が作品を盛り上げてくれましたが、それらをも凌駕するキャラだと思いました



レス*れくと森本さん

私も坊主イケメンが印象深いです。大変いいサポート役でした。
プリキュアもそうですが変身する主人公を支えてくれる普通の人というのは大切なポジションですよね。お坊さんというキャラ付けも良かったなぁ。
今後別なドラマなどで再会するときは髪の毛があるのだろうか…分からなかったらどうしよう(^^;)



Trackback

Trackback URL:
 Home