境界のRINNE 第2シリーズ

2016/10/06 07:08
2期よかったぁ~
1期ではOPとか動画とかすげー気になったんだけど、2期はわりと大丈夫だったな。(まぁ、わりと・笑)OPも前半後半どちらも歌も含めて結構すきだったし。

相変わらずのドタバタギャグなわけだけど、2期になって蓮華、しょうご君追加。個性派の二人いいね~!
しかもしょうご君は友情こじらせキャラ(ほぼBL)。いいポジションだったので、ラスト2話で普段常に心が凪いでいる桜ちゃんの気持ちにもちょこっとだけ変化が!この話は確かにりんね君のヘタレとセコさがすげー出ちゃっててりんね君自身もよくないけど、桜ちゃんも自分の気持ちと向き合ってないので罪の度合いはおあいこかと。
もー
二人早く付き合っちゃえばいいのにっ
少年誌的にそれやっちゃったら最終回ってのも分かるんだけど、時代的にありだと思うんだよね。るーみっくわーるどで男女がちゃんとお付き合いするとどうなっちゃうのかみたい!その願いを叶えてくれるのはりんさくかと!


3期決定おめv(o゚∀゚o)v
順調ですね~
アニメがかなりちゃんと原作リスペクトでかつ可愛らしいできなので、最近原作追うのストップしちゃってます…(ね、昔漫画のレポ書いてたよね)さーせん。



昨日の腐男子の話の続きなんだけど(えぇー!?)

この世にいるいると言われているが実際には決して存在しないものは多々あるわけで(例:幽霊・神様・善意の人)、
とりわけヲタクの世界では

本物の百合男子と腐男子は私は
存在を確認していない



生存確率としては
腐女子(生存率マジLOVE2000%)>>>>百合女子(生存率100%)(証拠は私)>偽百合男子・偽腐男子(生存率100%)>>>>>>>>>>>>本物の百合男子(期待を込めて1%)>>>>>>腐男子(多く見積もって1%)
(※すべて私個人の勝手で独断な見解です)


私が憤慨している偽百合男子、これは何かというと百合好きに見せかけといて単に女体と女体が絡み合っているのが好きなだけの徹底した女好き野郎である(誤:「俺百合男子です!あかりは俺の嫁!」)。本当に女の子同士の甘酸っぱく激しい恋愛模様を純粋に楽しんでいて全くオカズにしていないという真の百合男子(正:「俺の嫁なんていねぇ!」)はどこにいるのか。
FxCam_1473291551041.jpg
偽腐男子は言うまでもなく腐女子と仲良くなりたい取っ掛かりがほしい男子である。まぁ手段としては悪くないだろうが、自分が恋愛の枠からどんどん外れていくのを全く気付いていないのだった。
FxCam_1473838754551.jpg
本物の腐男子は「あくまでも読み物としてBLを楽しんでいるのであって自分本人は女の子が好き」という大変ハードルが高いもの。
ご本人がゲイでさらにBLを読んでいるというのは腐男子ではないと判断している。



← 今春屋ゴメス/西條奈加 | Home | 腐男子高校生活&ラジオ腐男子高校生活 腐人類皆兄弟 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home