機動戦士ガンダムユニコーンRE:0096

2016/09/12 07:04
オルフェンズが大変面白くて終わった途端ロスになってしまったタイミングで、入れ違いにスタートしたのがこのユニコーンでした。
見るよ!見ますとも!
私はガンダムは詳しくないしユニコーンももちろん初見ですが、ちょっと前の作品にテコ入れして地上波放送、ってことなんですよね?(何年くらい前のことかは分からんですが…)初見の私にはどこがどうテコ入れされてるのかはさっぱりです。
ストーリーがきちんと宇宙世紀に則ったもので、アムロがいた影がちらほら見えたりして、そういうの良いなって思いました。年号はヴィクトリーの50年くらい前ですね。
少し年とったカイさんが出て来るのー!
嬉しかったー!

全体的に映像は綺麗でほんと不自然なところいっこもなかったくらいで、特に最終回などまるで映画作品のようにぬるぬる動いていた。宇宙のシーンは実に美しかったー

お題であるユニコーンガンダムがかっこいい!ガンダムのおでこのV字になっているところがユニコーンモードといって一角になってる状態がやっぱ素敵だった。黒いユニコーンはテンションあがる。

しかしあれね。
どうしてこうニュータイプってのはめんどくさいのか。
バナージが砂漠でゴネだした時は”ほんとマジでこいつ…!!”と思ったよニュータイプはあれか。こういうところがニューなのか(母親の生首小脇に抱えたり)まぁ常人には感じれないところを感じているということなんでしょうが…

バナージとミネバのイチャつきっぷりと、それに反してリディの嫉妬ぶりがたまらなく胸きゅんした。朝7時から。
リディー!いいわー!
嫉妬に狂って戦々恐々ってかわいい。こういう人間臭さがいい。
ちなみにボイスは浪川さんだけど、ポケットの中の戦争とは別のキャラクター。(ポケット…声変わり前 ユニコーン…声変わり後 現在…漢字読めない)
主役の内山昂輝さんといい伝説の古谷徹さんといいガンダムは子役出身に優しいアニメ。


全7回あった副音声企画も全て聞きまして、制作の裏話とかとても楽しかったです。



きちんとビスト財団とかアナハイムとかの関係を分かって見ていたかというと、まぁ出来てません。上っ面をなでただけです。
ガンダムの人と歴史の混戦模様が激しすぎて。
FxCam_1472858637737.jpg
誰か詳しい人私に解説してーと思いつつも、
実際とくとくとガンダムを語られたらめんどくさいのでやっぱNO Thank you。
FxCam_1473031300505.jpg

こういうときに登場するのが宇宙世紀公式年表
FxCam_1473600171939.jpg
買っててよかった「いけ!いけ!ぼくらのVガンダム!!」今新装丁でも出てますが、私のは20年前に買ってた旧版(すんごい危ないネタが載ってるが新装丁ではカットされてることを願う)幾度も繰り返した本棚整理(to go BOOK OFF)を「カテ公」の一言で乗り切ってきた私のコレクションでも指折りの猛者である。

これによると1999年には宇宙移民計画は発表されてますね。地球総人口90億。


最終回の最初にやった100秒でわかるユニコーンガンダム、これもめちゃめちゃよかったよぉ!必要なところ分かったうえにLOSTばりの投げやり感に超笑った。
大変いい企画をありがとうございました。



← ヒナまつり(8) | Home | 魔法つかいプリキュア!&仮面ライダーゴースト →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home