ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子/家を売る女

2016/09/16 07:04
今期見てたドラマはこの2本。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子
実は放送スタートしたの気づいてなくて1話逃しちゃっててw(我々の麻里子様が出てたのにぃ~。゚(゚´Д`゚)゚。)
でも2話からでもまなんとかなりました。
事件がどれもよかった。社会風刺ももちろんだけどグロくて。フィクションなんだもん、こういうの見たい。

それにしてもみてれば見てるほどしみじみ思うのは
波留ちゃんは、人類か?
毛穴が全く見えないのだが。

癒やしと美しさもさることながら、この神秘性には”ドラマを見てる”って感じがなんだかしなかったなぁ。フィクションにフィクションを重ねるような。

そんな波留ちゃんに終始見とれてたんですが、
最終回では
芦名星の美しくトリッキーな芝居に首ったけ。
たまんねー!あのキャラクターもっと早くに出て欲しかった!

10話で完結とちょっと短かったのはあれか?問題のせいか?私は2期やってほしいです!


家を売る女
私が大好きだったバラエティ「坂上忍、家を買う」と同じプロデューサーがやっていたということで!ドラマならこのくらいわざとらしいと楽しいよ♪キャクターも誇張した個性がとてもよかった。みんなかわいいわぁ。
元々物件見るの結構好きだったんだけど、このドラマで中古物件もいいなぁと思ったり(買う予定はないのだが)

他のドラマでありがちのキレイ事でまとめない、無理なことは無理なまま!で通したのがよかった。実際人間て簡単に変われないですから。それになんとか折り合いをつけてやっていかないとね。

ラストもよかったです!
三軒屋チーフがいなくなって別の町へ…みたいなおれたたラストだったらありがちだなぁと思ってたら、そうかこの手があったのかと!すっきりしました!
三チーのざくざくとした理論武装には時折スカッともさせられた。
2期強く希望です!


「そして、誰もいなくなった」は挫折です。

ウシジマくんはseason3は今期枠じゃないよね?



ONといえば主人公の比奈子が味覚障害(と称するブランケット症候群)で唐辛子を持ち歩いていますが、この長野県の唐辛子、うちでも使っている。

善光寺の参道で売られている唐辛子。
FxCam_1473544921515.jpg
昔は善光寺にお参りに行くのなど一生に一度の大イベント。みんなにおみやげを持って帰りたいが当然旅は徒歩。ということで軽くて日持ちがする唐辛子がメジャーになった、というのが由来だったとかそんなかんじなはず(あやふや)


我が家のものは、父が兄弟間のいざこざにまきこまれてなぜか長野県に行かねばならなくなって、長野市役所でてくるし長野県警でてくるしでなんやらかんやらあって、温厚な父が怒り心頭しつつもかろうじて買ってきたたったひとつのおみやげがこれだった。
FxCam_1472627295881.jpg
遠い昔のことのように言っているが昨年末の事件である。


蓋を横にスライドさせると唐辛子を出すアナが現れるしくみ。穴が大きいから開きするとドバっと出るぞ、気をつけろ!
缶がかわいいだけじゃなくて唐辛子自体も体が温まるおいしい辛さだった。

中身の唐辛子はあっという間になくなったが、缶がかわいいので市販の唐辛子を詰め替えて使っている。



← テラフォーマーズ(3) | Home | インザ・ミソスープ/村上龍 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home