ヒナまつり(8)

2016/09/13 07:05
FxCam_1472953776182.jpg
7巻のラストで登場したヒナ、アンズに続く第三の超能力少女マヤ
なんだかすっかり日常シュール系ギャグ漫画となっているけど、ヒナにはまだまだ秘密が多いし、アンズがああなっちゃった以上新たなテコ入れに!!

…ならなかった。
あんな思わせぶりに引きしといて、1話でこんな決着の付け方ある!?ここの先生がどんな思考してるのか全然読めない…!

というわけでこの巻もやっぱり超能力の無駄遣い

マジでずっと無駄だったので、今回ヒナが新田さんに協力して壺を作るシーンの描写はかなり綺麗で一瞬感動してしまった。やってること素人陶芸なんだがな。

描きおろし?で新田さんの子供の頃が初めて描かれていた。とても真面目な少年で、この頃から主夫だった…ww
この優しい勤勉な子がどういうルートでヤクザになったのかすんげぇ気になる。


瞳ちゃんにも転機が。
しかしどうしてこの子は不幸の星の下に生まれているのか…。いや、不幸なだけではなく流されやすい性格がいかん。おかしいと思ったらその時点で誰かに何か訴えないと!!
…しかしこの流されるがままの性格で今回もまたひとつハイスペックになったのであった。



なんかもうすっかり『新田の娘』として定着させられたヒナ。新田さんの実家に行って母&妹と過ごす姿はなんだか微笑ましかった。

私もそれなりに変わり者の娘として一応自覚はあった。

だがそれ以上に最近発覚したことがある。


ご近所同士で娘息子が独身だと、お見合いというほどじゃないが
「おたくの娘さん独身なの?うちの息子どう?」
的な社交辞令会話がまぁかわされる。よく知らない人でも盛り上がれる格好のテーマ。

そういうときうちの母が
「うちの娘変わってるから…」
と対応していることが判明。


こうしてまた私の変わり者ぶりが広まっていく。
(※田舎の噂は光回線より早い)
FxCam_1471745703131.jpg


否定できる社会性がないのが辛いところ。



← ひきだしにテラリウム | Home | 機動戦士ガンダムユニコーンRE:0096 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home