パタリロ!(96)

2016/09/07 07:06
FxCam_1472858654100.jpg
買い逃しで焦ってたパタリロ、やっと追いついた~~

80巻過ぎたあたりからいささか読み応えに物足りなさを感じてたのですが、この巻の『MJ』これは7巻の「パタリロの1日」を彷彿とさせてよかったなぁ。前後編だったし。もっと細かくパタリロの日常ぶりを書いててくれても良かった!パタリロが殺し屋に狙われるのは特別驚かない。国の元締めとしてもともとしょっちゅう狙われてたというのもあるけど、あちこちで恨みを買いすぎてバンコランとかふつーに撃ってくるしな(笑)

『困ったちゃん』では久々にパタリロのそばに同年代の女の子が投下。なんでもできる奇才パタリロですが女の子に関してはからっきしという、唯一歳相応の反応が出ちゃうのがかわいい。そろそろちゃんとしたいい子なガールフレンド使って欲しい。


この巻には『誰が殺したクック=ロビン』という副題のものと『マリネラに雪が降る』という副題のものがあって、「ん?このタイトルかぶってないか??」と思ったんだけど、83巻にあったのは『誰が殺したクックロビン』、3巻にあったのは『マリネラに降る雪』だった。微妙に違っていた。浅ましく探してごめんなさい、魔夜先生。



昨今実写舞台化も決定して話題が復活しつつあるパタリロですが、そうはいっても
「タイトルは知ってるけど一度も読んだことない」
という方も多いのではないでしょうか。

というわけで
勝手にパタリロ!の登場人物紹介
連載長いとこういうこともありまさーな。

 パタリロ・ド・マリネール8世
本作品の主人公。父親で国王であったヒギンズ3世の死去により10歳にしてマリネラ王国の王位を継いだ国王。立場的には陛下なのだが、まだ周囲には子供の頃から親しんだ殿下と呼ばせている。
頭脳は天才。9歳にしてマリネラ大学を主席で卒業。数々の発明品もあり名探偵としても活躍。マリネラは国王が政治の元締めであることから政治全般もとりしきり、ダイヤの輸出国であることから産業もとりしきる。
だがで性格は破綻。他人が困っている姿が何より好きで、他人が儲けるのが何より嫌い。
世界で一番好きな物は小銭。ダイヤ産業に力を入れて大きく稼ぐことよりも自販機の下をさぐって小銭を拾うことのほうが喜びが大きい。
体型は肥満。成人病の薬が欠かせない。

 ジャック・バンコラン
イギリスMI6きっての超一流エージェント。身分は少佐。仕事で国賓であるパタリロの警備をしたことがきっかけでその後度々再会しては迷惑を被られている。現在28歳。
少年時に母親に僅かな金銭で男に売られた経験から女性を本質的に拒絶し、美少年がメインのゲイとなる。根っからのプレイボーイで浮気者。心から愛しているのはマライヒであると公言しているが、それはそれとして絶対に浮気する。

 マライヒ
元殺し屋。不幸な生い立ちが元で国際ダイヤモンド輸出機構と呼ばれる殺し屋集団に属していたが、バンコランと対峙したことがきっかけで殺し屋家業から足を洗い現在バンコランの正式な愛人として主夫業に収まっている。
18歳の絶世の美少年であるが、少年時から殺し屋としての訓練を徹底的に受けていたことこからバンコラン少佐に引けをとらない強さ。特にバンコランの浮気が発覚した際の容赦無いおしおきは次元を超える。
強いだけでなくかなり賢い少年で、パタリロですら推理が行き詰まった際はマライヒに助言を求める。

 タマネギ部隊
マリネラ王国王室付きの武官。発足はタマネギ1号~6号だが、現在人数は膨れ上がりパタリロ自身も何人いるか不明。番号と入隊順に関連性はまったくなく、アルファベット号ヒーリング号ゴッハン号など名前は各々が勝手に名乗る。
ふざけたタマネギ頭をしているが中身は陸海空から選ばれたエリート軍人。パタリロの指揮のもと政治経済警護はもちろん国内の治安や海外のスパイ活動も行う。タマネギ頭のウィッグとメーキャップを取れば中身は全員美形。


肉体的強さの基準
バンコラン>マライヒ>>>タマネギ部隊>>>>>パタリロ>一般人

精神的パワーバランス
パタリロ>>>>>>>>>マライヒ>>バンコラン>>>タマネギ


自分でまとめたら自分で楽しかった。
FxCam_1472187188126.jpg
ちょっと語りすぎたな(笑)
ほんとはもっと語れるけどさぁ!

先日うちの父がなぜコナンが子供なのに頭いいのか知らなかったし、長期連載作品にはたまにはこういうの必要だよね。



← パラダイスレジデンス(3) | Home | バーナード嬢曰く。 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

私ゃ、男色趣味はなく、嫁もいれば子供も二人いる身ですが、それはさておき、マライヒはかわいい。
まぁ、そもそもが女性キャラ皆無なこの作品がゆえとも言えますが…。
とっさに思いつく女性がエトランジュ王妃様くらいしかおらん。



レス*みーみーさん

マライヒの美しさと強さの魅力は性別を超えますよね。最近は性格がすっかり主夫づいているのも愛らしさかもしれない。

耽美な美少年愛の世界もテーマの一つなので、女性キャラは皆無ですね~。私が思いつくのはパタリロの初恋の相手マデリーン姫かなぁ。結構後半もマデリーンにそっくりな子ばかりに恋をするので名前はでてくる。
エトランジュ王妃最近出てないのでみたいですね。バンコランとの禁断のフラグにはドキドキハラハラしました。



Trackback

Trackback URL:
 Home