パタリロ!(95)

2016/08/17 07:02
FxCam_1470273386171.jpg
買い逃しをしてて新刊まで追いつこうと慌て買ってる第2段(あと1冊!)。今まで年に1冊だったの昨年は年に2冊出てるが、これは100巻にむけた何かの意図があるんだろうか。

ここ最近新感覚が続いてましたが、94巻に続いて今回もなんとなく昔のテイストが戻ってきたような気がします(どっちがいいとかいう話ではなくて)。殿下の思いつきでタマネギがあれこれ迷走するとか。『ニューヨーク ニューヨーク』好きです。タイトルが盛大に間違ってますが(それも、らしい)。

タマネギの個人がピックアップするのも楽しい。ヒーリング号、もう1回ぐらい出てきて欲しいです。数少ないパタリロの思い通りにならないタマネギなんで。こういうネタは44号思い出しちゃうなぁ。


この巻の本編で初めて知ったんですが、
昨年、ANASUIとコラボバッグ販売してたんですね。
パタリロの軍服をモチーフにしてて(パタリロは王族だけど軍服を着ている)すっごいかっこよくて!!
えぇ~~全然知らなかった!買い逃しちゃったよぅ!と思ったんですが、調べたところどうも
お値段11万円

知ってても買えなかった…
むしろ買い逃しててほっとした…


ところでパタリロがだいぶ前から愛用している万能すぎるスーパーコンピューター、マザーコンピューターですが、こいつが結構会話できるときがあって、今後何かしら知能とか持ったりして展開がありそうだと勝手に思ってるんですが。考えすぎですかね?



絶賛ゼンちゃん我が家で避暑中。

(ひとんちの)犬のいる生活をしていると散歩中に知らない人からよく話しかけられる。

それはいいのだが、その際結構しょっちゅう
「お母さん」
と声をかけられる。


犬を産んだ覚えはないのだが…
FxCam_1470446413901.jpg
(人間もないが)


犬ユーザーでは今やこれが主流。動物病院でもわんわんフェスタでもお母さんと呼ばれる。飼い主さんによっては自分から言う人もいる。



だが私は違う。


ゼンちゃんとは、夜寝るときは背中と背中だが、朝起きた時は顔と尻になっているという間柄である。



朝起きたら目の前に犬の尻。



← 敗者復活/藤田宜永 | Home | 竜の学校は山の上 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

95巻っすか

こち亀は200巻を潮時についに止めるそうですが、永遠の28歳ミーちゃんはまだ続けるのかな?
100巻到達時が見ものです。

そういや、『翔んで埼玉』が話題となったとかで私も買ってみましたが、昔からのパタリロ!読者からすると、全然平常運転でなんてことなかったですね。(笑)
ノースダコタを日本国内で例えた時の千葉県もかなり酷い扱いでしたな。



レス*みーみーさん

ファンとしては100巻以降も続いていただければ嬉しいですが、綺麗に終わりたいという作家さんの気持ちも分かるしね~。あさりちゃんも100巻でしたし、もしかしたらそうかも。

飛んで埼玉買ったんですね!私まだなんですよ~結構短編集も持ってるんですがこれは知らなくて、『夜更かし』見ててびっくり&大笑いでした。
パタリロでも千葉や茨城県をディスってたし、これが本来のみーちゃんですよね(笑)



Trackback

Trackback URL:
 Home