世界の終わりと夜明け前

2016/08/11 07:03
FxCam_1469524670896.jpg
短編集。初めて読む作家さん(最近このパターン多いな)

絵がすっごい綺麗。写実的で、でも漫画表現は残してあって。絵だけは満点超える。女の子がどの子もめっちゃエロい。男の子はわざとフツメン以下にされているけど、それは演出。まれに出てくる美少年がめっちゃ美少年。
顔のイメージを進化で言うと

大友克洋→古屋兎丸→浦沢直樹→浅野にいお(ここ)→こざき亜衣→はらだ

顔つきはシンプルなんだけど、書き込みがちゃんとしてあるし、バランスの取れた顔が素晴らしい。


ストーリーなんだけど、最初の1周目はなんだか中二病くさくて。すっごい絵のうまい中二が書いた自意識ライジング漫画で、中二の時に読んだら面白かっただろうなと思って。だからラブ多めの『世界の終わり』だけが面白いなと思ったんです。女の子が大人びて可愛いし反面男の子の童貞感が強くて微笑ましいし。チューシーンがチューだけなのにめちゃエロい。

ところが。

この作家さん、ご本人のあとがきがめちゃめちゃ面白い。
こんなことってあるのね。
一遍一遍にあとがきを記してあって、もっと自意識ライジングな人かと思ったらそのコメントがすんげぇ迷走しててちょっと笑った。「すごい漫画を書いたんじゃないかという充実感から(略)現在は気のせいだったんじゃないかと怯えて暮らす」と書いてあって、作者本人がなんかかわいくなっちゃって。

そしたら2周めからは主人公が迷走に迷走を重ねる『17』がすっごく面白くって。ギャグだと思ったら色々許せてきた。

ちなみにその『17』、収録にあたり加筆したのは主人公の陰茎2割増し。ご本人も結局「関係ないか」と記してましたが、ほんと関係ないね(笑)
(しなみに2割増しでもBLよりは短小。BLってどこよりもデカチンだよね)



以前も書いた(気がする)が私はそうめんが何故か苦手で、でも冷やしうどんやそばは大好きだし暖かいそうめん料理とかかなり好きだしそうめんチャンプルー大好きだし、冷たいそうめんを好まない理由が自分でもわからない…

が、夏なので当然食卓にはそうめんが登場する。

しかし今年の私は違う!
いつもなら無心でそうめんをなくすためだけに口に運ぶ作業をしていたが、今年はむしろ手ぐすね引いてまっていた!
くーねるまるた 6巻に出てきた漫画飯そうめんwithオリーブオイル入りめんつゆを試すために!
FxCam_1470487475285.jpg

これぶっちゃけ味も作り方もタイトル通りです。

めんつゆにオリーブオイルを入れて、レモン汁を垂らすだけ。うちはちょうど親戚からすだちを大量にいただいたとこなのですだち汁生搾りです!

写真撮り忘れたんだけどね…
写真撮るほどじゃないけどね。書いてるまんまの見た目なんで。

そうめんオリーブオイルでぎっとぎとですが、全然くどくはないです。オリーブオイルの青臭さ(私は好きですが)は柑橘ですべて消え去って、さっぱりスカッとした夏にちょうどいい風味に!
めちゃめちゃおいしい!
FxCam_1467769346885.jpg
そうめん嫌いの私がぺろりと食べて、めんつゆまで綺麗に飲み干してしまいました!!
これからそうめん食べるなら絶対これ!



← どうせ誰も見てないだろうから思いっきり手を抜くブログ。ハワイ編 | Home | 珈琲時間 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home