私の彼は仕事ができない(3)

2016/07/28 07:03
FxCam_1465607850652.jpg
ちょっと間が空いてしまったがやっと買った3巻。これで完結です
続刊がでない働きマンに変わって新生働きマンにこちらを推奨。

自分にはこの仕事しかできないと仕事に打ち込むわけだが、一生懸命働こう働こうとすると周囲とのズレができる。
女を捨ててるわけでも恋愛を犠牲にしているわけでもないが、仕事が優先。
主人公のこのスタンスによって、主人公自身が自分の仕事のあり方について向き合えさせられる。その辛辣で的確な感情っぷりったら。
『誰か私を認めて』『こんな私を誰も見ないで』
の矛盾にほんとにぐっさり胸に刺さるんだ。

2巻で付き合うことになった野々宮さんがすごく良い人だった反面、元カレの名古木君がどう出るかと思ってたが、何もかも想定と違った。彼らがどうするかじゃなくて、主人公がどうしたいか。ここに充填を置いたラストにはなかなか印象的でした。
あれねー…仕事ができる男と付き合うってのもこういうことが待ち受けているのかと。自分のダメさ加減を思い知らされるんだろうな…。
あと2冊くらい続いて、漫画らしいラブ結果があってもいいかなと思いますが、それはこの漫画じゃないんだろうな。

仕事がどうこうじゃなくて、いろんな経験の積み重ねが日々なんだなぁと感じました。



ちょっと前にアマゾンの送料がいつでも無料から2000円以上無料に変わったじゃないですか。

ほんで先日父の誕プレ買った時にあとちょっとが足りなくてこういう時って不要なものでもいいから少額の送料合わせ物品を買うのか、それとも予算はオーバーでも本当に欲しいものを買うのかみんな迷うと思うんだけど。
FxCam_1465521665161.jpg

私はほとんど後者の方なんですが。
お気に入りのものだけで部屋を埋め尽くしたいから。

んで、買ったのがこの漫画ですた。

こういう時のためのほしいものリスト。


さー、次の送料補填漫画は何にしよ。



← 宿屋めぐり/町田康 | Home | 月刊少女野崎くん →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home