ロメオがライバル(2)

2016/06/10 09:48
FxCam_1461204157411.jpg
念願の秀良子先生の普通の漫画、第二巻。
引きこもりだったメンタル激弱の主人公が牧場に放り込まれてい幾日か…
全然使えないですね。
すぐサボる。すぐ心折れる。すぐ言い訳。すぐ文句。

ただ何かをしようと思っているその様子はやっぱりかわいいです。今回いすずちゃんという馬とふれあい始めます。その様子の描写が可愛らしくって。馬も人も。
でも難しいですよね、
自分以外の生き物と距離を縮めるのって。
特に動物は言葉か無いから一挙手一投足をとにかくお伺いするしかなく。
ましてや人間の樹里ちゃんなんかもうすごく遠くにいますよ。

この2巻で樹里ちゃんとロメオが種族を超えた絆を見せてくれて、状況も絵も本当に美しくてとても感動したのですが、それは同時に主人公にはまったく二人の間に入っていけるスキがないということでもありとても切なかった。
樹里ちゃんの心もちょっと解けている感じはあるのですが、とはいえ主人公にはまだまだいろんなものが必要です。

3巻は秋くらいに発売ですってー。たーのーしーみー。



子供の頃1泊2日の乗馬体験スクールに入れられたことがあって(よくこういう子ども教室て、他にもキャンプとかお菓子づくり教室とかいろいろ行った)
ポニーじゃなくてちゃんと馬で、乗るのはもちろん馬を洗ったりとかそういうこともやった。
うちも田舎なので近所の牧場には普通に馬はいるけど、きちんと触れ合ったのはやはりこのスクールが最初で最後だった。

馬って目が綺麗でかわいかったです。大きさはビビるけど放牧されてるのを見るとほっこりします。



今となってからはもっぱら競馬。
FxCam_1456812128807.jpg
汚れちまった悲しみに。



← 終わりのセラフ | Home | Wake Up,Girls!続・劇場版 青春の影 前編 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home