魔法少女なんてもういいですから。

2016/05/10 09:41
私確かに以前このブログで書きましたわ…
『敵が出ると怖いから、敵はでなくてでも変身シーンはみたい、そんなアニメが希望』
と…

私が間違ってた。

ほんとに敵が一切出ないとなるとこういう軸のない話になっちゃうのね!日常系だと思えばこれはこれでいいんだけど、変身シーンに力が入らないこと入らないこと!5分アニメでよかったと思った。
敵あっての魔法少女。敵がいての変身。
魔法も日常では思ったほど活用できないもんだなー。

それにしてもまどマギ以来ふわふわかわいいマスコットキャラを見るとこいつが黒幕なのではないかと必ず疑う悪癖ができた。今回は大丈夫だった(笑)



それにしても…

情けないことに最近アニメのキャラの名前を覚えきれてなくて。
FxCam_1420423938307.jpg
↑アニメもキャラ名一人も覚えてねーの。なんかごめんね(そして調べない)

よっぽど好きじゃないと主人公すら”主人公”としか…。あとはキャラ名に意味がある場合とか。
昔はアニメ見れば必ずキャラ名も暗記できていたのに今やこの体たらく。


タイトルだけはきちんと覚えているのが唯一の救い。


そのうちタイトルも覚えられなくなるのか。
FxCam_1448003642892.jpg
「ぼら、あの、昭和初期にスパイ養成学校を出て各国で各々スパイとして活動するオシャレでかっこいいアニメ!」
とか言い始めるのかもしれぬ。



← 沈黙の町で/奥田英朗 | Home | それでも世界を崩すなら →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home