花物語(上)/吉屋信子

2016/04/28 10:35
FxCam_1461638120770.jpg
私が急に謎の文学を読んだ時が以前もありましたね。ええ、今回もそうです。
百合男子からの課題図書
つまり
百合です。
とはいってもこれはもちろんまだ「百合」という言葉も無い時代、Sistarの頭文字をとって「エス」と呼ばれてた頃に女性作家により少女のための創作として出された百合界の金字塔。百合の本来の姿である。

短編集なんだけど、タイトルの「花物語」通りすべて花の名前の副題がついていてそれに即した内容になっているという儚くも美しい世界観を持った素晴らしい作品。
私個人としては長編がすきなので短編はいささかものたりなさもあるんだけど、それはそれとして奥ゆかしい時代の女の子が女の子へ持つ恋愛感情の始まりである揺れる心の描写がたまらなく胸キュン!

私が特に気に入ったのが「福寿草」
この短編集の中でもちょっと長めの作品なのと、最強百合ワード「お姉様」も出てくるのでもう!もう!読んでてドタンバタン!時代性も相まって少女の揺れ動く切なくもはっきりとした特別な思いというものがしんみりさせられました!

本全体として内容も軽く読み応えは少ないと思いますがこの世界観というものは他には変えられないものです。


ところで(上)と書いてあったので上下巻かと思いきや上中下だった。あと2冊。頑張ろう。



それにしても私が百合好きなせいで、
本棚カオス
ほんの一部の空間を撮ってみても
FxCam_1461491352677.jpg
絶望先生(少年誌)
らんま1/2(少年誌)
魁!クロマティ高校(少年誌)
め組の大吾(少年誌)
ささめきこと(百合)
ナナとカオル(青年誌)


私の大好きが詰まりまくった素敵な空間!
FxCam_1459907852931.jpg
「夢の様な場所!
あはは!あはは!あはははは~!」



← 昭和元禄落語心中 | Home | プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home