ヒナまつり(1)

2016/03/31 10:09
FxCam_1458971354458.jpg
以前短編集を読んだ大武政夫さんの連載作ということで読んでみることに。とまぁ気楽に読み始めたんだがこれがまぁ独特で。

ちょう不条理ギャグ。

ちょうシュールオチ。


ヤクザの主人公のマンションに突然超能力少女が転がり込む(文字通り)という設定自体がもう「えーっ!?」なのに、説明が一切ない。
最初この主人公のヤクザ設定必要か?と思ってたんだけど、これがだんだん必要になってくるんだ!教室立てこもり事件はおかしすぎて腰が砕けた。キャバクラ事件はなんかもうみんなかわいくて(普通に女関係が派手ってのがまたいいです)

万人が読んで面白いと思うかどうかは難しいですが、とりあえず私はすごく可愛いので好きです。このまま決してシリアスにならずに謎ギャグを貫いて欲しい。近々2巻も読みます。



一般の報道番組でも取り上げられたけど宝塚音楽学校の今年度の合格発表がありまして。
さっきまでビビットでも特集組まれてつい見入ってしまった(仕事しろ)宝塚音楽学校の受験資格は15歳~18歳までで(すでに高校に行ってしまった人は中退後に入学になる)今年は入学希望者が過去最高、倍率は20倍という狭すぎる門に挑む若い娘さんたちの努力と涙の日々のドキュメントに合否にかかわらず感動させてもらいました(仕事しろ)
FxCam_1457835368070.jpg

しかし見ててほんと思うけど(仕事しろ)1000人落ちるって…40人しか受からないって…
少数精鋭なのはわかりますが頑張っても報われなかった娘さんたちがたくさんいるわけですから、せめてもう少し増やしてもな、なんて一般のファンの私は思ってしまうのですよ(仕事しろ)
合格者増やして、組をもう一つ増やしたらいいじゃない!

組を増やして、年に2回位全国ツアーしたらいいじゃない!
               (↑これが目的)



えりちゃんと話し合った結果(仕事しろ)新しい組の名前は
私は風組
えりちゃんは薔薇組
がいいと思いました。


まぁ宝塚にはなんの権限もないけども(仕事しろ)



← GATE~自衛隊彼の地にて、斯く戦えり~炎竜編 | Home | 少女たちは荒野を目指す →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home