ゴールデンカムイ(5)

2016/03/24 10:03
FxCam_1455428234352.jpg
過去最大にヤバイ人物辺見との対決が大詰め。もともと全員囚人なのでまともではなかろうとは思っていたが、辺見はもう人の枠を出ているタイプ(二瓶鉄蔵がめっちゃまともな優しい人に思えてくるほどに)
そしてさらに辺見がちょっと思考がエロいっていう、な(笑)こういうことされると凶悪な殺人鬼なのにほだされそうになるから怖いっていう、な。辺見が杉元を見る目ったらww

さて、決戦が海上ということで本日のグルメは
鯱の唐揚げ。
唐揚げったらそら当然うまいだろうけど、特に興味深かったのは鯱の脂身。あんなに脂身があるもんなんですねぇ。脂身を炒って油を出す作業からというのが興味深かったです。鯱の油で鯱の唐揚げ。こらもうパーフェクトですな。

そして今では天然記念物のイトウも登場。当然食べますが、魚の革を使って服を作るというアイヌ文化にも興味深い。雪深い北海道の山では完全防水の魚の革は非常に理にかなっていますね。アイヌの知恵には常々感心です。

地道に刺青人皮を集めるだけの作業かと思ってたら今回なんと大きな展開が。
それと付随して
アシリパさんの和名が判明。
日本に住んでいるし混血も良しとしているアイヌなのでけっこうみんな和名を持っていたんですかね。
いやしかし、それよりも大変なピンチがアシリパさんを襲う!なんとオソマが!オソマが…!それは土方歳三よりも脅威!!オソマ我慢してるときのアシリパさんの顔が過ごしすぎて忘れられない。



昨日は親族間のなんやかんやで両親の名代で葬儀に出席してきた。何度目だろう、一人でアウェイの葬儀に出席するのは。こういう冠婚葬祭に巻き込まれると大人って感じがします。もうとっくに十分大人なんだが。

葬儀は何度も参列するので緊張も戸惑いもなかったが、人見知りを全くしない私であってもいろんな会話と世間の風が轟々と吹きさらされてすっかり当てられまして、帰宅後1時間ばかり寝こむ
※嫌なことがあったわけではない
FxCam_1457835399595.jpg
結婚式とか参加してもこうなるんだけど夜も寝れないほど世間の風にあたりすぎると変なテンションになるのです。

それでも異業種の方のお話はとても基調で興味深いですね。


それはそうと、盛岡の火葬場が建てなおしていたのは知っていたがホテル並みの綺麗さと使いやすさでビビった。



← 宝塚歌劇団全国ツアー雪組公演  激情-ホセとカルメン-/Apasionado!!Ⅲ | Home | 真夜中の探偵/有栖川有栖 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home