透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記

2016/03/05 10:34
FxCam_1451771971586.jpg
この漫画は感想を書こうかどうしようかすごく迷ったんだけど、思うところはいっぱいあったのでやっぱり書きます。
かなり話題になったのでご存知の方も多いでしょう。私もタイトルは知っていたのですが子供がテーマというだけで倦厭していて。そこにお勧めしてくれたのが15ちゃん。
「子供がかわいいとかのたぐいの漫画じゃないよ。むしろ子供嫌いを助長させるかも…」(←笑)
という話だったので、それならと恐る恐る手に取ったらこれがまったく止まらなくなってしまって。一気に読んでしまいました。結果暗記するくらい読んでいる。

まず著者ですが"最近流行の素人さんのヘタウマ絵のコミックエッセイか"と思ってたんですが、それはそうなんですが、読み始めてすぐこの作者を知ってることを思い出した。発達障害のアスペルガー症候群を自身で持ちながら看護師として働く姿をコミックエッセイにした方で、こちらもかなり話題になりました。私はお試し読みのみでしたが(あまりにも重たい内容なので購入する決心がでませんでした)、等身大で赤裸々で非常に考えさせられる内容ではありました。

こちらの作品もかなりショッキングな内容のオンパレードです。
中絶、望まない出産、虐待、新生児の死…
一人の新生児の周囲にたくさんの人の人生と打算と悪意の坩堝。
看護師さんには結構多いですが著者が子供があまりすきではなくてドライに対応しているのが私としては非常に読みやすかった。

今まで信じてくれた人はほとんどいないが、私は幼稚園のころから結婚することと出産することと幸せになることは全て別物だと知っていた。
そして子供が生まれるということは①妊娠する②無事出産する③無事育つという3つの奇跡が重なってやっと成立することであるということも知っていた。
だが、若輩者の私がいくらこの現実を解いても理解してくれる人はいなかった。その真実を克明に描写してくれるのがこの漫画。私は今大変すがすがしい気持ちで一杯である。

妊娠ことは当たり前ではないし、子供が五体満足で無事出産されることも当たり前ではない。
あなたも私も天文学的奇跡の上で存在している。

読んでよかった、と思える漫画ではありません。
しかし多くの人に読んでもらいたいと思う漫画です。
矛盾しているけどそういう価値です。



私から発表があります。


確定申告終わったあぁぁぁーーー


今年こそもうだめかと思った…(このセリフ毎年言ってるが)
うおうぅえあぁぁあおあえあいいおぉぅーーー…(嬌声)
FxCam_1454550498745.jpg

書き終わってから1時間ばかりぼーっとしてた。電池切れた。
これですがすがしい気持ちで3月を楽しむぞー!
FxCam_1454465028798.jpg
それはつかの間の平穏(1月の帳簿つけまで)であるとしても…



← 魔法つかいプリキュア!&仮面ライダーゴースト | Home | 磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~(3) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home