相棒season14

2016/02/10 10:12
先週の相棒はお笑い芸人をテーマにしてて私好みのストーリーでした。殺人そのものは単純構成だけど、それに二重三重に思惑が重なってしまって思いのほかでかい話になってしまうという…
しかもそれが友達のため、というのがね…もちろん犯人隠避なんて絶対いけないことですから感動は出来ませんが、相方の才能や生まれ持った華を信じ、自分の凡人ぶりを認め捨て駒に自らなるというその心情がね…私は刺さりました。芸というのは努力で埋まらないものを必要とされる世界、チャンスが大切だというのは分かりますがあまりにも虚しい…

夫婦のことについて私には分かりかねますが自分で選んだ相手。相手を攻める前にこの人を選んだ自分を反省することはできないもんでしょうか。

それにしても右京さんがお笑いのライブ会場というものを即刻思いついたのが意外といえば意外…落語が好きなのは知っていたが漫才まで…。



↑でも不倫が取り上げられていましたし、昨今立て続けに芸能も政界も不倫ニュースが多いように感じられますが、


最近中学生の女の子三人組(とおじさん一人)のアイドルグループデスラビッツが好きになりはじめてまして(おぇおぇまた新手がきたぞ)彼女たちのラジオも聞いているんですが、そこで芸能話から不倫の話になって、もちろん中学生の娘たちのトークですからそれほど切り込まないわけですが、そのときにメンバーで一番おっとりしているかりんちゃんが言った一言

「結婚してる人が他の人と付き合うのは

というご意見が
正しすぎた。

中学生の真っ直ぐすぎる見解にはっとさせられる大人…
FxCam_1453340541207.jpg
不倫なんてよくあることなんていつから思うようになっていたのか…
上から塗られた汚れがこんなにも奥深く浸透していたとは…

結局物事は素直な目で見るのが一番正しい。



← 怪しい店/有栖川有栖 | Home | 磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~(2) →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home