服なんて、どうでもいいと思ってた。(2)

2015/10/13 10:39
FxCam_1443484052078.jpg
先日1巻を読んで面白かったので続き。この2巻が新刊です(7月発売)表紙がイケメンの斑鳩デスク。かっこいい。服以外は。

1巻ラストで登場したファッション誌ルイルイの編集長。その美魔女ぶっとおりこした美魔人ぶりはもはやホラーの域。
この巻でちらっと編集長のプライベートが出てくるんですが、朝の時点では普通に素敵なお姉さまなんですよ。それで十分だと思うんですが(こっちの方がタイプの人多いと思うんですが)、女性のアンチエイジングへの欲望を表す小学生コーデですかね。髪の毛の色まで変わって…!。チベット体操とはいかに!?

主人公はと言うとおしゃれイベント「イースタン・コレクション」にてかついて服装が酷すぎるという理由で自分をフッた女性と再会という地獄。しかも彼女は超一流ブランド「イヴ・サンラモーン」の社員になっていた!
下手なサスペンスよりよっぽどドキドキハラハラする!
この彼女はこれからも花月の前に立ちはだかる分厚い壁となるのか!?

そしてルイルイには更なる事件が!
青文字系雑誌ザッパ登場。
赤文字系ルイルイとは折り合い地点が0!この女の戦いがすんげぇ面白い!主人公の不安をよそに口論はテンションあがっちゃったよ。斑鳩デスクの教えも。


C班に入れるくらいファッションにはからっきしな私。
すんません、
ポップオーバーってなんですか?



この↑漫画のキャラは大衆食堂名をもじっているようで

花月カヲル(主人公)→ラーメン花月
大勝ケン→大勝軒
天神博多→博多 天神ラーメン
数奇屋エリカ(副編集長)→すき家
吉野ヤエ→吉野家
松ヤヨイ→松家
庄山レナ→庄屋

とまぁ、ここまでは分かるのだが、

何せ私は岩手県在住。
そう、大戸屋でさえ2年前にやっと進出した岩手。

岩手には存在しない店が多々あるがゆえにどうしても判明できない名前が私を苦しめる!
FxCam_1444361376433.jpg

↓以下の名前の由来が判明する方はご一報ください↓

斑鳩九一郎(いかるがくいちろう)
中野青葉(なかのあおば)

FxCam_1440752183369.jpg

ちなみに編集長だけは
三越ねむ(ルイルイ編集長)→三越デパート
松坂もが(ザッパ編集長)→松坂屋
とデパートが由来。さすが編集長は恪が違うぜ。



← 相棒14 スタート | Home | 食戟のソーマ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home