アオイホノオ(11)

2015/10/02 10:26
FxCam_1443144093305.jpg
時代は1981年
ついにあだち充がタッチの連載開始
これは漫画界の歴史の1ページですよ!!
あの名作が、連載時はこんな印象だったんだなぁ。ホノオ君の反応が大変興味深い。
特に驚いたのが『"みなみちゃん"という名前に驚いている件』。今では特別珍しくもないかわいらしい名前ですが、当時は相当斬新なネーミングだったのかぁ。それこそ漫画のキャラネーム。時代ってどうなっていくのか本当にわからないぜ。

一方初期GAINAXメンバーは本格的に自主アニメの製作を開始。
これを見ていると現行で才能を持って活躍している人というのは無名の頃でも二つのことがあるなぁと感じる。
 一、口先だけではなく実際に行動を起こす、起こさずにはいられない
 一、行動を起こしたら最後、周囲に迷惑をかけようが目的以外のことは頭に入らない

両方ホノオ君が持ってないものですね(笑)アニメーション書いてるときの庵野監督がひどい。しかしその夢中ぶりは感動すら覚える。こういう人が頭角を現すのは納得がいく。
私の大好きな山賀さんですが、一応将来のために(笑)プロジェクトには意欲的に参加。庵野さんは無理でも一般人はこの人のこの姿勢を見習うべきである!ある意味一番貪欲。


島本先生の漫画はほんと書き込みがすごい。今回のこのGAINAXメンバーその他大勢がアニメーションを書いてるシーンなど細かくいろんなものが書き込まれているのでじっくり見入ってしまう。とても労力の使っている漫画。
だが、
なぜ庵野秀明の乳首にトーンを貼った?
解せぬ。


秋ですよ。

秋といえばもちろんあれですよ。


カメムシの秋。

いや、カメムシは本来越冬するし一年中いるはずなんだが、やはり稲狩り後の田んぼから追い出されるせいかこの時期すんげぇ発生するね。私も田舎の子なのでカメムシごときではぎゃあぎゃあ言いません。すっと退治します。

カメムシは臭いので殺さずに捕獲するのがベスト。
我が家では空ペットボトルで捕獲します。ペットボトルの呑口でついっとカメムシを捕獲、その後何匹か貯まったらペットボトルごと焼却処分。
FxCam_1406007557795.jpg
この方法、我が家、もしくはうちの村、もしくは岩手、もしくは東北地方のやり方かと思ってたら
長崎は五島列島が舞台のばらかもんでも同じ方法でカメムシ退治をしていた!
いやぁうれしかったね。やはりこの方法が正しかったのだ。



← 電波教師 | Home | GATE~ 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり~ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

ボトルごとお焚き上げですか・・・
よく来る窓辺にバポナ吊るしてみてはどよ?

ショタを過ぎたらトーンだと思う。



レス*imanoさん

お焚き上げです。
バポナかぁ。効果絶大かな?日の当たり方によってやつらは移動するから午前中は東側、午後は南側の窓が新進気鋭の絵画のようになっている。

ショタにこだわりのある兄さんにツッこみたい(笑)
成人男子は生々しいので不要かな(BLは除く)でも一番キモイのは男の乳首を省略してる絵柄。



Trackback

Trackback URL:
 Home