境界のRINNE

2015/09/24 10:04
先週の土曜で放送終了だったのだが、いいところと悪いところが両極端すぎて何様だと思われるだろうが色々と言いたいことがたまっている。書かせてくれ。

大好きなりんね君のアニメ化なのでそりゃあ楽しみにしてました。
キャストが神。
石川界人さんのりんね君めっちゃぴったりだし、井上マリーナのさくらちゃんがきゃあきゃあしすぎない声でさりげないツッコミにぴったりだったし他のメンバーもかなり豪華だった。
架印が斉藤壮馬君だったとは。ぴったりだったが!石川君と齊藤君は完全にセット売りになったなぁとは思った。

アニメで動いたら原作ではなんとも思ってない悪魔の魔狭人がすっげー楽しくて!出てくると嬉しかった!ただただギャグ体質だった(笑)

りんね君パパの鯖人さんが山口勝平さんで!そもそもアニメ化が決定だったときにまたかっぺーちゃんが主役だったらどうだろうねとちょっと心配していたら石川君でほっとしつつも少し寂しいような気がしてたところに、鯖人さんキャストがかっぺーちゃん決定ニュース!テンションあがってなー。
かっぺーちゃんにしては珍しいナチュラルなクズの役柄で、意外だったけど面白くていい味でした。やっぱり高橋留美子アニメには必要な人だ。


しかしどうも演出が古い気がして…
でも高橋留美子だし、NHKだし、最新のCG多様の凝った演出よりはちょっと古いくらいの方がちょっとノスタルジックでいいのかぁ?と前半は無理矢理自分を納得させてたんだが、
後半のOP・ED、あれはひどい
がっかりどころのお話ではない。特にEDがすごく凝っててキャラが増えてくるのが面白かっただけに歌を変えただけというのは残念すぎた。
そうなると今度ギャグのテンポが気になって気になって。ギャグプッシュで笑わせようとするよりも原作通りシュールギャグでくすっとくるほうが良かったんだけど…。


とはいえ最後の最後、NHKからの以来のお手紙での
2期決定の知らせには歓喜。
結局りんね君とさくらちゃんがが好きなんです!もちろん見ますよー。



ところでこの境界のRINNE、土曜の5時半の裏番組が電波教師なんだが。サンデー編集部が何をしたいのかさっぱり分からん!



↑境界のRINNEで、ほぼ原作通りだったのだが1点だけ大幅に変えられたのが
さくらちゃんママ。

原作では普通の奥様だったのが一転、

髪が緑、
虎柄っぽい服のコーデ、
ボイスが平野文さん!

そう、
さくらママがラムちゃんだっちゃ!

す、す、すげえぇ!!!
豪華どころの騒ぎじゃねえぇぇ!!!!


今Eテレを見てる子供たちには全く分からないでしょうがね。
FxCam_1433469136488.jpg



← とある女子大生の日常にみる | Home | 監獄学園 第11話 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home