美少女戦士セーラームーンCrystal第26話

2015/07/20 07:53
一昨日の放送がほんとに最終回だった…
というわけでセラムンCrystal日記も3期が決まるまではこれで終了です。

いい最終回だった。

原作でデスファントムのラストがちょっと長めなので最終回キツキツかな?と心配したんですが上手にスムーズにまとめてくれました。まぁ原作読んでても「ちょっとひっぱりすぎ?」と思ってたのでCrystalは非常に見やすかったです。

ネオクィーンセレニティのついにきた目覚めがとても美しい演出!私は感動した!そしてクィーンのキスでキングも実体化するのがいいシーン。普通の少女漫画とは立場が逆なのがセーラームーンらしいです。
感動の親子対面もよかったな~。ちびうさちゃんの変身はとても悲しい複雑な歴史の上に成り立っているということが切なかった(1期アニメでははしょられました)

そして今期ではもう見れないであろうと思っていた
ちびムーンの名乗り&決めポーズ!
すっごくかっこよかったよ~~~!!
「セーラー服美少女戦士見習い!」がかわいくてたまらん!

ムーン&ちびムーンのムーンプリンセスハレーションがかっこよかった。
デスファントムの最期のが無音という演出なのがぞっとした。音がない方が宇宙感がでていいです。(ナチュラルにやってるけど星を爆発させるパワーってすげぇなー)

セーラームーンとネオクィーンの対面もよかった。かわいかった。
それにしてもネオクィーンセレニティは大人だ。今のうさぎちゃんからはとても同一人物とは思えない。30世紀となるとめちゃくちゃ時間もあるからな…人格もそりゃかわるんだろうけど、もはや何があったレベルだ。

20世紀のうさぎちゃんはまだまだ泣き虫でかわいい女子中学生です。ラストのちびうさちゃんのが戻ってきたときの泣き笑いにまた実感させられました。


一応、一番最後に次作のお知らせがあるかと思ってたんだけど、なかった…

でも私はCrystalを見ながら思っていた。
私が昔見たかったセーラームーンはこれだと!
初期もそりゃよかったけど、でもどうしても子供向けにされがちだったし、スタッフが一生懸命笑いを取ろうとしているのがよかったけれど真剣な戦いとはどうしてもずれてしまう感じはあって、子供だって(まぁそこそこ大きかったのもあるが)子供だましではなくてストーリー性の高いアニメを見たいという欲求はあった。
20年遅れてしまったけれど、今あのとき不足したものを満たしていただいて本当に感謝です。ありがとうございました!



麻雀で初めての11翻
FxCam_1437095670991.jpg
リーチ一発ツモメンホン役牌1ドラドラドラドラ

(最近のゲームはたいしたもんでホンイツなんてバレバレで他キャラが振込みなんてしてくれない。↑はカンチャンなのによくツモれたわ…)

これが現在の最高点。

麻雀を始めて1年くらいたちますが、役満(麻雀上の最高点)なんてまだまだ遠い感じ…

いや、正確にはスーアンコウや大スーシーをテンパイやリャンシャンテンくらいまでは持ち込んだことがあるんだけど、あがれなかった。

生まれつきの貧乏性のせいか
安手でもあがるという誘惑に勝てない。
ついつい目先のあがり欲求にまける

FxCam_1436234482781.jpg
こうやって安手であがるとハイリスクハイリターンの人には絶対勝てない。
麻雀がギャンブルだということがよく分かる。

そして私は間違いなくギャンブルに向いてない。



← 毎日カラスヤサトシ(2) | Home | Go!プリンセスプリキュア&仮面ライダードライブ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home