星籠の海/島田荘司

2015/04/28 10:44
星籠の海 上星籠の海 上
(2013/10/04)
島田 荘司

商品詳細を見る

久々の御手洗潔シリーズです。
今回も分厚いです。3.5cmの厚み。が、上下巻。
しかしその厚みが全く気にならないほど面白すぎてあっという間に読んでしまいます。まぁ御手洗シリーズが面白いのは折り紙つきではありますが、
今回は特に面白い!ほんとに!

瀬戸内海を望む海辺の町を舞台に
流れ着く大量の死体、
水商売の女性の謎の変死、
自らの腹を切り裂く看護学生、
暗躍する違法行為がお得意の信仰宗教、
そして瀬戸内海に現れる謎の黒い怪獣…

次から次へと全容が全く見えない事件がおき続けますが、びっくりするくらい全てが繋がって解決します。さすがは御手洗。

御手洗清シリーズは分厚い上下巻の最後のちょこっとにしか御手洗が登場しないなどという罠があるときがけっこうありますが(それで面白いし場が持ってるんだからすごい)、今回は朗報、大変珍しく最初から御手洗が登場しています!ファンには嬉しい予想外なサービス。


これ以上の詳細は私風情が語ったところで作品の印象を下げてしまうだけなので止めておきますが、面白さは保障します。
是非ご一読を!



私の考える日本の三大名探偵は浅見光彦腕貫探偵御手洗清だと思っていますが(金田一耕助など続刊不可な物は省きました)、中でもやはり御手洗清が断トツに賢すぎる。読者と石岡君を置き去りに自分の脳内だけであらゆることを理解しすぎているが、この置いてきぼり感がいいんだなぁ!



御手洗といえば2ヶ月くらい前に玉木宏さん主演で初の実写化をされましたね。長い長いシリーズで初の実写化。
個人的には御手洗はもうちょっと病的なイケオジかなと思ってたので、玉木さんがイケメンすぎてビビリましたが、映像を考えると納得のキャスティングです。
ついにこの人も動いてるところが見れるのかとしみじみ思いました。
FxCam_1429135432574.jpg
もうちょっと本格派ミステリだったらよかったけど、2度目もあったらきっと見るでしょう。



← ハワイ旅 到着日編 | Home | ハワイ旅行 フライト編 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home