アオイホノオ(3)

2015/03/20 08:05
アオイホノオ 3 (少年サンデーコミックススペシャル)アオイホノオ 3 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2009/12/12)
島本 和彦

商品詳細を見る

2巻まではなんだかんだ理屈をこねるが結局何も行動に移していなかったモユルですが、
ついに東京の出版社へ持ち込み!
これはかなりのことですよ。
期待・希望・夢…

からの!
絶望・失望・断絶。
社会はやはり勢いだけの若者にはきついものなのよー

それしにてもモユルのすごいところは結構な中二病を抱えているのにトンコさんやら津田さんやらとかわゆ女子に囲まれている件。中二病を抱えてても空気読んで人の心理を探ろうとするからかな…?

時代は70年代後半から80年代前半。
漫画界ではついにみゆき連載スタート
みゆきはいいよねみゆきは!地の繋がらない妹とのプラトニックな恋心!今でも相当すごい設定だと思うので当時は斬新過ぎただろうに。
しかしモユルのような漫画猛者はやはり何かを感じ取りながら読んでたんですね。


一方で
庵野秀明の自作アニメを作るシーン登場。
やはりこの人は当時から周囲より一歩先に進んだことをやっていたのだなと思う。日々のアニメーションに対する情熱がすごすぎる。ちょっと怖い(笑)
16話の扉絵がエヴァ一号機みたいでよかった(意識したんでしょうが)
こっちの方が着実に成果をあげているので主人公を一瞬忘れてしまうのが玉に瑕wがんばれモユル!モユルには応援したくなる可愛さがあります。



これだけたくさんの漫画が出ていて、私もそれなりに読んでいて、いつも
「こっこの漫画は面白い!」
と思っているわけだが、

その現象がいつまでたっても終わらない。

どれだけ読んでもまだまだ読みたい漫画がある。


中学生くらいの頃から漫画が大好きであれもこれもよみたくてたまらなくて、お金のない学生は古本屋めぐりをしょっちゅうしたりしていました。今のようにネットレビューもないから面白いかどうかは自分で読むしかない。

でもきっとある程度漫画を読んで満足すればこの気持ちは落ち着くのだろうと思っていました。

まだ落ち着いていない。

あっちの漫画も読みたい!
こっちの漫画も読みたい!
欲しい漫画が尽きないのです。


これはすごいことですよ。
これだけ漫画が飽和状態なのにまだまだストーリー・描写ともに新しいアイディアが生み出されているわけで。ひとえに漫画家さんたちの努力のおかげです。
FxCam_1418688702809.jpg
先月も買いすぎちゃった…今月は少し少なめにしとかないと;



← 美少女戦士セーラームーンCrystal 第17話 | Home | 冬芽の人/大沢在昌 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home