へうげもの(19)

2014/12/15 10:43
へうげもの(19) (モーニング KC)へうげもの(19) (モーニング KC)
(2014/11/21)
山田 芳裕

商品詳細を見る

すでに晩年に突入している織部ですが
豊徳合体に向けて奔走中。

歴史の教科書では冬の陣・夏の陣まであっという間ですが実際には絶対徳川と豊臣を一緒にさせようという画策があったはず。発想は納得ですが歴史の歯車を逆回転させようとする者は必ず滅びる(と、これはベルサイユのバラからの引用)

噂の秀頼が徳川家康と対面。
秀頼、で、でけぇ!!
190cm以上あったとか文献が残ってるらしいですね。平成の今でもまだ190cmの人は目たちますが、江戸時代でも男性の平均身長は155cmだったはずだから戦国時代だったらもう巨人ですよ巨人。駆逐されるレベルの巨人。大阪なのに巨人(と、これはドリフターズの著者のあとがきからの引用)

一方で加藤清正の最期。まさか朝鮮での一件がここに響いてるとは…!
この著者は実に歴史をよくご存知で、その上で漫画らしいアレンジがとても上手だ。こっちが史実ではという気すらしてくる。
ありがとう加藤清正。顔も口調も具志堅さん似の加藤。アニメでは本当に具志堅さんが声を当ててくれました。



昨日は仕事の合間に選挙に行って来たんですが、
外の地吹雪がすごすぎた。
投票所まで片道20分を歩いたのだが冗談抜きで遭難するなと思った。

じゃあ車でいけよと暖かい国の人は気楽にいいますが、歩いてても目の前30cmしか見えないのに運転はもっと危険。実際歩道は雪でサクサク道ですが、車道はすっかり踏み固められてつるんつるん。

投票所行って、さらに帰ってきたときはまじでほっとしてしまった。
FxCam_1410064608066.jpg
命かけなきゃいけないほどの大事な局面の選挙でもなかったのに。

ちなみに、たまに聞かれますが、雪で車道の中央線や右折レーンが見れなくなったときはどうするのかというと
勘です。

駐車場の駐車スペースは最初の一人が目安(←この人がずれるとこの日一日ずっとずれている)



← 素敵な選TAXI | Home | ハピネスチャージプリキュア&仮面ライダードライブ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home