へうげもの(18)

2014/05/22 10:54
へうげもの(18) (モーニングKC)へうげもの(18) (モーニングKC)
(2014/04/23)
山田 芳裕

商品詳細を見る

関が原後じんわり停滞しているように見えた時代がいよいよ徳川の方へ傾きだした気配。
2代目秀忠とお静との件は保科正之の事件のことですね。信長死去以降迷子になりがちな私でしたがいよいよ江戸時代が開幕してくるとまた分かってきました(笑)
帝の動向が出てくるのはとても面白いです。

晩年の織部、あいかわらずひょうげています。
しかし画策が過ぎるのでは…いい年ではしゃくぐので心配でたまりません。

織部、ロッカーになる。
素晴らしいシーンでした!
この著者は歴史に詳しすぎる上にアレンジが大胆すぎます!

今回ちょっとだけ織部が回想するシーンがあります。
久々の信長様登場ー!
かっこいいですわぁ~♪

またまた登場のポメラニアンのゼンちゃん
05221.jpg
(好きなマンガ:柴犬子さん 先日狂犬病の予防注射を打ちました。)

人のいない広いところで遊ばせるということで同行しました。

ゼンちゃんはひとりで屋外で走り回るタイプではないので、おもちゃを投げては追いかける、という遊びが必要です。
おもちゃを投げるとさすが犬、すごいスピードで追いかけます。

その投げたおもちゃを
持って帰ってくる確率3割
05222.jpg

その場で座り込んでかじり始める7割。
05223.jpg

ほぼ人間様が拾いに行かねばならぬ手間。
FxCam_1392944221152.jpg
「持ってこい」をいまいち覚えれていません。
どうしたら覚えさせれるのか…悩みです。


調子がいいときは自分のおもちゃは自分で持って移動します。
ほとんど運だのみww



← やっぱりハイキュー!が面白い件。 | Home | あの頃の誰か/東野圭吾 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home