桜さがし/柴田よしき

2014/03/27 10:24
桜さがし桜さがし
(2000/05/26)
柴田 よしき

商品詳細を見る

暇つぶしに読んだがほんとに暇つぶしだったなー。
テイストは悪くないがとにかく読み応えがなかったので。

事件自体はさらっとしてるのでよかったです。
浅間寺先生は大好きです。
ただそのほかのキャラクターが・・・。男も女も一様に恋愛脳で気持ち悪かった。いまどきこんなやつがごった返してるかー?著者の人間観察不足が伺えます。作家としては致命的だと思いますが。

京都が舞台だったので、前編京都弁の会話なのが若干読みにくかったですが、京都の様子が森見登美彦氏の舞台で想像しやすくなってたので旅行気分でした(小説を小説でたとえるとゆー…)



毎日白鳥が帰還していくのを見ます。
布団のぬくぬくがたまらない季節になってきました。
FxCam_1394343164445.jpg

春、みたいです。

車のタイヤ交換です。
衣替えはしました。
忙しかった仕事もある程度の落ち着きになってきました。

冬を乗り切ったんだなぁ…!
(遠い目です)



← 鬼灯の冷徹 アニメ第11話 | Home | 美少女戦士セーラームーン THE 20TH ANNIVERSARY MEMORIAL TRIBUTE →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home