なにかもちがってますか①

2014/02/26 09:39
なにかもちがってますか(1) (アフタヌーンKC)なにかもちがってますか(1) (アフタヌーンKC)
(2011/01/07)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

昨年末に私の中で唐突にブームが起きた「ぼくらの」の作者・鬼頭先生。「ぼくらの」はアニメオンリーだったので是非漫画を読んでみたくて「のりりん」と迷ったんですがこっちを買ってみました。

なんという独特な世界感

ストーリーがどうこうという段階はすぎてますね。
この人にしかかけない漫画を描いている。

絵柄はすごく線が細いんですよね。
さらっとした絵柄なのに状況はかなり残虐で。
時間の流れが容赦しないので死が淡々と過ぎていく様は現実と一緒。

わりと画面は白いと思うんですが(書き込み不足ではなくて空間を使う)、そのなかで主人公の絶望とショックを表すのがコマ割と角度というのがより衝撃を強く感じた。

もう私のブログですら残虐とか死とか書いてる時点でいかような内容かは察していただけると思います。最後まで読めるかな、私…怖いわけじゃなくて主人公が心配すぎる。続きは気になるので買ってくるとは思います。
(てゆーか主人公は日比野君でいいのか?1巻の表紙は一社君だしwwダブル主役ってのはわかっているのだが)

それにしても主人公にしても一社君にしても
超能力の存在をさらっと受け入れるんですね。
私だったらまずそこで腰ぬかしますが(それどころじゃない事体が次々起こったのはわかるが)



ところでこの↑漫画、表紙に仕掛けがありまして(買うまでは単なるデザインだと思ってた)
FxCam_1393366986904.jpg

タイトルのところは切り取られてて中表紙の文字を見せてあるのです。
FxCam_1393367009881.jpg
なぜこんな仕掛けかは本編リンクなのですが。


こうやって凝った表紙を作ってもらえると編集さんからの期待を感じてしまうのは私だけでしょうか(笑)
「ぼくらの」の功績か?
過去に結果を出してれば今回金をかけても許される!
FxCam_1390342672698.jpg

実力主義の社会ってむくわれますよね。
私は好きです。



← 闇金ウシジマくん season2 | Home | 鬼灯の冷徹 アニメ第7話 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home