ぼくらの

2013/12/05 11:12
まとめ見したアニメです。

衝撃でした。


そもそもきっかけはOP『アンインストール』を偶然聴いたことでした。
「な、なんだこの素晴らしい曲は!?」
と思って調べたら『ぼくらの』というアニメの主題歌であることを知り、「あんな壮大な歌詞と音楽をOPにたずさえたこのアニメは一体どんなもの?」と思ってたどり着いた次第。

ロボット物というジャンルに振り分けられていたのでガンダムとかエヴァとかのロボット物を想像していたら


私だって本当は気になっていた…
エヴァやパトレイバーが戦いの際に踏み潰したのだ誰かの民家であり、そこには努力と家族があることを。
ぼくらののジアースはその被害の壮大さを克明に数字にしてだしてくれている点だけでも第一話から衝撃で、パイロットのみんなのショックがとても伝わったのに
二話で腰を抜かす。

こんなのありか…
というあまりにも残酷な話の展開。
続きが気になって気になって一挙に見てしまいました。
そしていろんなことを考えた。


ジアースについてですが
大きすぎて怖い。
500mですよ?
東京タワー<ジアース<スカイツリー
あんなのが暴れたらそらもう町めちゃくちゃですよ。形も気持ち悪いし。

コックピットは他のロボットは小柄な人や子供という設定が基本ですが、ジアースの場合意空間なので大人も操縦できるというのがむしろ新しかったです。


かなり過激な心理状態があって、しかも原作ではさらに過激な性描写もあるそうで。
けしからん!買うしかないじゃないか!



追記で盛大にネタバレさせます。
ご注意ください。



以下ぼくらのネタバレですよ。


大丈夫ですか?





あんまりじゃないか。

人の生命力を使って動くなんて。

あんまりじゃないか。



負けたら地球もろとも死。

勝っても生命力を使い切って死。


逃げ道がないのはかわいそうすぎるじゃないか…

そんな救いのない戦いを請け負ってしまった15人の少年少女を五十音順に。


アンコ…第二のビッチ。カンジ君とはいつから付き合ってたの?謎。

ウシロ…最初から目立っていたのでとても気になる存在でした。彼の戦い方に私は感動した。

カコ君…死ぬって言われたら普通彼に様になると思います。生物として当然だと思います。

カナちゃん…チームの良心。彼女の存在にどれだけ希望を持てたか…。

カンジ君…役に立ったような立ってないような…ピンと来ませんが、彼の母親への思いは強い信念を感じました。

キリエ…なんだかぼんやりした影の薄い子だなぁと思っていたら彼が一番素敵だった。戦い方も死に様も。彼はいじめにあってたんだろうか?カコとの関係がもう少し知りたかった。

コダマ…彼のような傲慢な考え方、実はキライじゃないんです。ただ、現実はあまりにも残酷。ジアースは特別を決して許さない。

コモ…チームのお姉さん担当。ただマスコミにリークしようとしたのが彼女なのは意外な気がする。まぁ13歳だから大人を頼りたい気持ちはわかる…。

ダイチ…彼が一番かわいそうだった。彼の話は2回見ることが出来なかった。

チズ…チームのヤりマン担当。どうせ死ぬんだから1回くらいやらせろ。「お姉ちゃん…バカなんだから…」バカはお前だ。まぁ彼女のデリケートな気持ちと中学生の恋愛というのはえてしてこういうものというのは同情できる。

ナカマ…彼女のような悩みを抱える子、多いのでは?この面子のなかではかなり幸せなラストだと思う。

マキ…かなり幸せな子だと思います。あと少し時間をあげたかったがそれを許さないのがジアース。

マチ…女優か。

モジ君…チーム一の知性派で素敵だった。彼の死に方も立派だったと思う。それはそれとして門司って苗字珍しくないですか?

ワク君…結果を見れば彼が一番幸せだった。ジアースから転落したときに声が出なかった。




そしてコエムシ
こいつの非人道さはきゅうべぇにも匹敵する。大嫌いです。
ただ彼の過去のストーリーがあってよかったなぁとは思っています。



ぼくらの(と、まどかマギカ)で学ぶこと、それは

安易な契約はしてはいけない。

うまい話というものは世の中には絶対存在しないものなのです。



← じょしらく⑥ | Home | 相棒12 →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home