相棒12

2013/11/20 10:23
就活とはまたいいテーマでしたね。
私も苦い思い出しかございません。

私は存じませんでしたが、相棒に出てきた就職面接のための予備校みたいなところって本当にあるんでしょう。大大変ですね…
いい学校に入るために、
いい大学に入るために、
いい会社に入るためにと次から次に試練があって、
でも社会人になったら決まったルールはないし勝者も敗者もないし誰かが親切に今後を導いてくれることもないし。
自主性がなくなるわけだわ。
まぁ個性をアピールっつーても、あくまでも社会に埋もれることを前提にその中でもわずかな個性ですからね。右京さんには分かりにくかったかもしれません。


嘘で固めた自分はいつばれるかとひやひやして決して幸せになれないといいますが、
私は就職面接で堂々と嘘がつける人間ならそんなことにひやひやなんかしないかなーとも思いました。



それにしても、時折花の里に現れるかいと君パパ。
かいと君が瀕死でかつ記憶喪失になったときは見舞いにも来なかったくせに(しかも「死んだのか?」とか聞いてきたくせに)、右京さんがかいと君を褒めるとめちゃめちゃ嬉しそうな顔するんですね
この人でも息子が立派だと嬉しいんだぁ…とか思ってしまった。



割と物を整理したり捨てたりするのがお好きな私ですが、そんな私が恐ろしくて手をつけてなかったゾーンがありまして。

もちろん

コスプレ写真です。


プリント時代にカメラマンさんからいただいたものや自分で撮ったのもごった煮にしていたのですが、

ついに着手。


まずはアルバムとかに入っていたものを全て抜いて裸の状態でひとまとめにするところまで。
軽く見積もっても500枚はありますからね。
ぼろぼろになっちゃった紙製のアルバムは捨てさせてもらって新しくちゃんとしたアルバムに入れ直すつもりですが、ここから先がまた長い

ジャンルに分けるのか、年代で分けるのか、人で分けるのか、イベントで分けるのか、
そこらへんはまだ決めてないんです。


それにしても
今でも付き合いのあるあの方とか、
いまや有名レイヤーなあの方とか、
某メイド喫茶お勤めのあの方とかの
昔の写真やら私服の写真がいっぱいでてきて

なかなかお宝です。

自分も含めてかわいいやら恥ずかしいやらありがたいやら。
FxCam_1384160988617.jpg

レイヤーさんとっては爆弾でしょうけど。

ニヤニヤ(´∀`)



← コッペリオン、スタート。 | Home | よんでますよ、アザゼルさん⑩ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



レス*ピンガさん

苦労してるのはみんな同じなんでしょうけども、それにしても就活は本当に自分の存在価値というものを考えさせられました。辛かった…
ピンガさんのように目標を持って挑む気持ちが一番大事だと思います。その勢いは企業側にも伝わりますよね。

ただ、今回の相棒でたくさん内定とってた子も苦労してたんだなあと思いました。
がんばってきた子が結果を勝ち取るのは当然だけど、コーヒーかけられるというのはさすがに…企業側の真剣な気持ちもわかりますけど。
大学生活が就職のための行動ばかりで、ちっとも楽しめなかったのではというのも同情してしまいました。


性格は明るいと思います、自覚あり!
もちろん落ち込んだり怒ったりもしますけど、持っている持っているパワーはプラスのものだと思います(そうありたいも含めて)

昔の写真は初々しさもあってみんながかわいかったです♪
以前はコスプレも今よりもずっとナチュラルメイクで、そういう点でも。
昔の話はいくらでも出てきますよ!思い出話は嫌がられがちですが、聞いてくれるならしたいなぁ。



Trackback

Trackback URL:
 Home