半沢直樹、終了。

2013/09/24 10:54
世間で騒がれてるほどハマってはいなかった気もしますが、やはり今期では一番面白かったと思います。最終回がさみしかった。
まぁ池井戸さんだしね!

私スーツを着てる方の仕事って何してるのかいまいち分かってない人間なんですよ(営業や面接で人と合うためにちゃんとした服装をするというならともかく、自社で年中スーツを着てなんの書類を動かしているのか謎だった)
だけど半沢直樹でマジでちゃんと会議やってるんだぁ会議ってほんとに話し合う必要あるんだぁって思った(大笑ww)
弱小企業で働く私は銀行にはしょっぱい思い出が多いわけですが(なぜ3時で窓口が閉まるのか?5時まで窓口あけて7時までサビ残しろ)(←というのは最下層の非エリートの低俗な考えでしょうか?)、半沢直樹は苦労してることが分かった。


メインの対大和田との会議での口論、やりこめ、そして土下座のシーンは録画してて2度見てしまった(あれ?ハマってんじゃん!)
かっこよくて、
100倍返しで、
でも切なくて。

これ堺さんの優しいフォルム効果もありましたよね。
雰囲気強い人が演じたらただの嫌がらせ野郎にしか見えないし!


そしてラストのあのオチが!
もうサイコーに…
心に闘志の火をつける!
社会って、会社って、
こうですよね。
頭取は頭取で一人の人間ですから…。
お客様のためなんて詭弁だね。
自分のために働いて、結果論として人のために繋がる、案外そんなもののような気がします。



夏の終わり…


弱りかけのセミがベランダに迷い込む!


ひっくり返って起き上がれずに、時々ビーって鳴く
(セミの声はすさまじい)


助けることもできなくて、
でもベランダで死なれてもなぁと思ってて、

そしたら父が素手で掴んでおっぽり投げました!


無事飛んでった。


余生を送れ。



← 踊るジョーカー/北山猛邦 | Home | COPPELION⑱ →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home