雪冤/大門剛明

2013/07/02 11:08
雪冤雪冤
(2009/05/29)
大門 剛明

商品詳細を見る

びっくりするくらい中の中。なかなかないですよ、この評価。

時効直前に冤罪謝意族の元に真犯人を名乗る人物から電話があるというのはなかなかミステリとして面白いがどうにもこうにも文章の下手さが辛い…読みにくい…。
溝口正史ミステリ大賞大賞受賞作という触れ込みにひっぱられた。新人が文章下手なのは仕方ないが、キャラクターが無駄に濃すぎる。小説にそんなの求めてないですけど。
一応次回作に機体はしておきます。


走れメロスを題材にしているのは面白かったので、出版の際にタイトルを変えたらしいけど、原題の「デイォニス死すべし」の方が私はかっこいいと思いました。



梅雨です。

まごうことなき梅雨でございます。



気圧の変化で偏頭痛。イブ1日6錠。
湿度で部屋のドアが閉まらなくて常に半開き。



早く気温安定して夏になってほしいー。


今年の夏は海かプールに遊びにいけたらいいなぁ。
FxCam_1360027981154.jpg
夏の仕事商戦が片付いたら、ですが。



← よんでますよ、アザゼルさん。Z第12話「あくま」 | Home | 1DK →



Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

No title

語り口の上手でない小説はたしかに辛いですね
るもえさんは伊坂幸太郎みたいな文章を書きたいと云ってましたが
伊坂幸太郎のエッセイ集「仙台ぐらし」はいかがでしょう?
自分は充実すぎた「オリンピックの身代金」の後は何か軽いのがいいと思った時に偶然GETしました
エッセイ集なので内容は軽いですが、その分伊坂幸太郎の語り口が味わい深くなってます
また最後の方の震災に絡んだショートストーリーもちょっと良かったです



レス*れくと森本さん

まずは「オリンピックの身代金」お疲れ様でした!
時代という大きな渦を感じますよね。主人公にはもう少し幸せであって欲しかったけどあれはあれでまっすぐな生き方なのも伝わりました。

確かにあのあとは軽いものが読みたくなる(笑)
エッセイもあるんですねー!また教えてくださりありがとうございます。
好きな作家のエッセイは好きなので興味ありです。探してきますー♪



Trackback

Trackback URL:
 Home